スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

百夜日記2(ネタバレあり) 山吹の書

最初にお断りしておかなきゃだったのですが、

おそらくですけれど、綴ってきました「剣が君」感想は乙女ゲームジャンルの方との相違が多々あると思います。
外部から見た、といった感でしょうか
尊いとかいう表現も最近知ったのですが、そういうのはなく(あまり好きな表現ではないですし)
色々とごめんなさいかもしれませんごめんなさい。そもそも全員美少女だと信じてはじめたゲームですから、きっかけからして違うんですよ……ボイスも脳内で女の子に変換してプレイしてたくらいなんで。これはこれで十分変態ですねきもちわるいですねすみません… 美少女ゲームと乙女ゲームの違いわかってなかったんです。当時。


百夜はシナリオライターさんが一部変更になっているのでしょう、言葉のチョイスとか
文体や構成がすっきりして読みやすくなっている部分が多いように感じます。うれしいです。


「山吹の書」螢ちゃん話。

意識が飛んで、戻ってから螢ちゃんビジュアルをみると第一印象だった「ブルマの似合う女子校の先輩。面倒見がよくバレンタインデーには後輩からたくさんチョコをもらってしまう。バレー部」というのがよぎって
ああ、ちがうちがう男設定この人男と脳のチャンネル切り替えなければならないのが毎度大変。

一応ざっくりと前回の4つのエンディングをなぞらえたり、過去だったりのお話ですね。
これまた前に感じたもやもやした表現や曖昧さがなくなっててすっきりしていました。
ノベゲーだと選択肢次第で兎にも角にもエンディングや話をかぶらぬように持っていかねばならないものですが、
何かと補完されててよろしかったのではないかと。乙女ゲーファンの方はついったTLを見ている限り色々引っかかる部分がおありのようですが、僕としてはいやむしろ前の方がアレだったよね? みたいな程度で気持ちよく読み進んでました。

ひっかかるっていえば

螢ちゃんが鬼の長でこれからこいつらやっていけるのか ってのと
紀州殿呼びつけたの? え? 死ぬよ鬼族! というあたりかな……
紀州代理の者が来るって感じでもなかったし、アカンアカン、螢、お前が挨拶に行かなあかん一族郎党滅ぼされるぞと背中に冷たいものが走りましたね……。

あと、ところどころエロかったですね…

まあふたりとも10代ですもんね螢ちゃんハタチとかかもしれんけど、若いですもんね。うん、いいんだよ好きにして。
香夜ちゃんって20代後半のすごくいい体つきですもんね。わかるよ、わかるけど! おっぱいよね。
祝言前に香夜ちゃんの実家でってのはお父さんいるからもう少し気遣ってあげてね、とは思いました。お父さんが見かけたら、許してはいてもショックだろうなあって思った。思った! ドキドキした。あたしドキドキしたよ!!


他にはそうですね。
拐かされて連れてこられたのが江戸近辺で金四郎たちが助けにくるとか都合良すぎじゃね? とか
家光さまぁぁぁぁ! とか
山吹摘みに行って、実彰さんと出会うタイミングが残念で成功しなかったバージョンでは
こんなウジウジしてどうしようもなくなるんかいぃぃぃっああめんどくせぇ しっかりしろやあああああっ ですとか
螢ぱぱかっこよさそうとか
どのタイミングでグレたのあんた言葉遣い雑になったのとか

八幡さんってどこにでも現れるんだなあとか

家光さまぁぁぁぁ! とか

KENNさんの発音ってめちゃくちゃきれいだしききとりやすいし、いちいち上手いって思わせない上手さとかすごいなあとか

黒のホルターネックが脇からちらっと見えるのもイヤラシイ////とか
ピアス外したあとのスチルでは、耳元に穴のあとのあるところもステキとか

家光公ぉぉぉぉ! とか


話とびまくってごめんね。


そんなこんなで、そろそろ次の「菖蒲の書」が終わりそうです。では、また。

 佐藤でした。


スポンサーサイト

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。