スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

日光へ行ってきた話3

東照宮の左手には二荒山神社というのがございまして、こちらはずっと古くからあるもの。
落ち着きます。
縁結びの神社らしく、伴侶とかいらないのでいい人と出会って人間として成長できますようにってお願いしてきた。短冊書いたり茅の輪みたいなのくぐったりしたよ。

ずっと奥に行くと、ライオン形の狛犬がいて、ちっちゃな宝物殿みたいのがあって。
大きいにもほどがあるわ! という大太刀が展示されていました。太郎丸さんです。作るのたいへんだったろうなあ……重いだろうし。


大猷院という、家光さんの霊廟があるところにも行きました。家康さんのご位牌初公開! だったそうで、お参りもしました。
これを買えば今なら住職がご先祖の回向を! という売り込みの鏡(大味な風神雷神が魔鏡風)も売ってました。家光公ならぬ家光香(伽羅!)もあったのでそれらを求めてみました。宗派違うけどいいのか。返信用はがき、絶対送ってね☆みたいに言われました。
家光さんの御廟は、ともすれば素通りしてしまいそうな唐風。なんで歴代将軍の多くをお祀りしているお寺から遠く離れて日光なのかなあ、と考える。
P1020666.jpg

おじいちゃんが孫を守ってあげたくて呼んだのかなあって思った。
滑舌が悪くて見た目も悪くて、お母さんや周囲の人に敬遠されてたりたくさんたくさん恨まれたりしてたろうし。そういう多くの恨みつらみから守ってあげたかったのかなあって。お母さんだってあれだ、相手が春日局じゃなかったらまだ憎しみも和らいでいたと思うんだよね。お市の方やおねえちゃんがあんな死に方したのも、元を正せば春日局の縁者のせいだし、仕方ないといえばね……。

帰りに輪王寺お向かいのお庭に寄ったよ。
寄ってよかった。こころのもやもや吹き飛ばしてくれる温かいお庭。小堀遠州だって。
P1020680.jpg

一歩入ったら木々が、お庭が、たくさんの手を伸ばして迎え入れてくれる感じ。
赤と黄色と緑があいまった色の競演。それはそれは美しかったです。
ライトアップよりも、おひさまの光で輝いている様子おすすめです。


そんなこんなの日光への旅。


最後に。

日光の夜は早い。


金谷ホテルベーカリー、パン完売ってどういうことなのぉぉぉぉ!!!

スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。