スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

忘備録 映画「忠臣蔵」(1958)

見ました。「忠臣蔵」

忠臣蔵といえば、バカなお殿様がアホなことして部下がえらい迷惑被った話という印象しかありません。
ドラマなどでしょっちゅうやってるけど、だからどやねんどこがおもろいねん、と思っていました。

ごめんなさい

めっちゃ面白かったです。少なくとも1958年の映画はめっちゃいいです。

真面目で誠実で賢くて美しくて優しくて他人思いで一所懸命な浅野内匠頭。
彼を信頼し、必死で支える家臣たち。

怪演の意地悪吉良上野介。悪役が見事に悪役。私生活で指さされなかったろうかってくらい悪い。
そりゃあ成敗されてもしかたないわって思わせる。

3度ほど泣きました。最終的に涙こぼれましたマジで。

刃傷沙汰が、浅はかで軽率で情けない行動ではなく、よくやったって観客が納得できる筋書き。
即日切腹の口惜しさ。
綱吉の判断の理不尽さ。
老中のやりとり。

ぐいぐいきますよ、ここらへん。

以降、大石内蔵助の一力茶屋での話とかいろいろありますが、ひとつひとつが実に納得の行く日本人の心にグッと来る切なさを秘めながらも勇気をくれるというかそんな展開です。
切ないだけれなく、ちょいちょい挟まる吉良側のイジワルや無法が、観客の上野介に対する恨みを思い起こさせたりもします。うまいですね。

最終的にはいつものあの、ドンドンドーン(太鼓)からの押し込み、吉良探索で成敗なんですけどね。
大石の頭巾はそうだったのか! とか、突然の超絶イケメン勝新登場とか、小間物屋の恋路であるとか(有名エピソードらしいですが)、お話の組み立てがとても素敵。


主演が長谷川一夫だけあって、画面構成から衣装から建物からすべてが最高でした。
直後にNHKではじまった忠臣蔵系の若者恋物語みたいなのをちらっと見たんですが、かわいそうでした。なにもかもしょぼくて。
当時はまだまだ時代劇製作に卓越した人が多かったし、和装の織りや染め、和裁や建具師、畳職人などが豊富にいらっしゃったでしょう。総力あげたらこうなるのねって。

出てくる人々も慣れておられるので、指先までの所作が実に美しい。砕けたシーンでも背筋が伸びてる。大紋の着付けも綺麗だし鮮やか。袖が長いから途中で折って、さらに長袴だから持ち上げて歩くんだけど、普段から着てるよね?ってくらいナチュラル。
今時の人だったらあんな風にできないよ。

殺陣もよかったとおもいます。やられる方もいらん演技しなくて素直にやられてるし(あのやられたぁアピールは邪魔なだけだと思うんです)、モブですら地面と平行にきれいに刀をすべらせることができる。カキーンとか余計な効果音もない。だからいいんだと思います。ドンとか、ガッって音しかしない。


昔の映画ばっかみてんじゃねぇよって思われてしまうかもしれないけど


面白いんだもん! すてきなんだもん! こんなに素晴らしいとは知らなかった。

みんなも見てみるといいと思うよ! すげー面白いからっ

スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。