スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

大江山 酒呑童子

古い映画みた話ばっかりですが、ほかのこともしてるんですよ。

酒呑童子といえば、大酒飲みの鬼みたいなイメージしかなくって
鬼のいたという「大江山」も、あそこだここだという説があるそうでぶっちゃけ興味なくって調べたこともありません。

でもなんだかふと見てしまったんですね、「大江山 酒呑童子」

酒天童子を倒した(※倒してない)源頼光とか渡辺綱とか坂田金時ともう一人の活躍ぶりなのかなとOPを見て思いました。
大人になってもまさかり振り回している金時に哀愁を感じたり。
渡辺綱イケメンやん←まさかの勝新
とかね、いろいろありますよ。

まずセットと衣装がすばらしい。
今はここまでするの無理だよねぇ……っていうくらい。絵巻物の世界。
これだけで満足だわ。
狩衣や五衣の揺れ動く様なんて昨今そうそう見れたもんじゃあないですもん。

で、もひとつ驚いたのが

中村玉緒、美少女。
よいお家でまっすぐ育った、仕草もお話の仕方も品良く気高く優しい美少女。なんだこりゃ。
だみ声の片鱗もなく、パチンコ好きになるなんて想像もつかないくらい可憐。
うそやん……うそって言って……


お話はねぇ、道長の傍若無人っぷりに憤りを感じた正義の人酒天童子ががんばってた。
そしてみんなが叶わぬ恋をしているのね。
引き裂かれたり片思いだったり。源頼光は強そうに見えてボーッとしてて大丈夫かこいつ、だったけど。
そうそう、茨木童子が大変切ないです。美女です。美少女です。
実写版シグラギ(「剣が君」)はこの人でいいじゃんって感じです。
さらにお話のアレンジの仕方が現代風でとても面白い。

ラストはえええ? それで終わりですのん? でしたが
想像力を働かせればナントカ。


個人的に嬉しかったのは、勧進帳の一場面をモチーフにしてるところがあるんですが、それがわかったこと。
「勧進帳」は有名ですし、話はしってますし実際一通りは読んだことあるはずなんですが、義経弁慶に興味なさすぎて細かいところまでは覚えてはおりません。が、先だってざっくり学んだばかりだったってこともあって「アア!」となることができまして。
元ネタがわかっているというのは楽しいものですね。当時の人々にとっては至極当たり前のことだったんでしょうが、教えていただいていなければスッと流すところでした。


時代衣装好きな人も、鬼が好きな人も、平安時代好きな人も見るといいと思うよ。
髭切丸の意匠も素敵でした。特撮もいい感じだったですよー。

以上、「大江山 酒呑童子」でした。
スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。