スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

「魔界転生」を見た話

ふと、「魔界転生」なるものを見たくなってアマゾン検索したら無料で観ることができることを知って

ラッキー!

前にうっかりプライムボタンを押してしまい、でも解約めんどくさくてそのままだったのですが、遂に役立つ時が。

「魔界転生」ってのは闇堕ちした天草四郎のお話。
柳生十兵衛のぱぱさんが気になっていたのと、若山富三郎の殺陣が半端ないときいたのでそりゃあ見たくもなりますわな。
しかも衣装デザイン協力にジュサブローさんがいらっしゃるとか。

見たくなりますわな。

なんか出だしからめっちゃ豪華。
天草四郎は沢田研二。老けてね? 天草四郎って15歳とかそんなんじゃなかったっけ? って気にしたら負けみたいなのでスルーする。
「復讐するは我にあり」
という、どっかで聴いたことあるセリフは彼のでしたよ。なかなか格好がいい。

彼は細川ガラシャさんやエロ坊主宝蔵院ナントカ、宮本武蔵らを魔界堕ちさせて手下にしました。
バカ殿徳川家継を正気に戻すため、色仕掛けで将軍を狂わせたガラシャさんを始末しようと柳生宗矩(若山富三郎)は大奥に向かいます。途中エロ坊主と対決。どうみても還暦過ぎのおじいちゃんなのに、身が軽い!若山富三郎すげー!何だこの人、と見てたら「息子強いから対決したかったなあ」という未練で闇堕ち。あかんやんおじいちゃん……

で、あれだ。天草四郎ご一行vs柳生十兵衛ですよ。
まあ結構笑えます。四郎くんは殺された仲間の髪の毛が武器(伸縮自在)で、振り回すんですがSEがしょぼすぎて雰囲気見事に潰れます。画面が美しいだけに残念です。
ラストは明暦の大火とかけて、うまいこともっていってます。

いやあの大火事、家継死んだだろう……とか考えちゃだめなんですよね。映画ですもんね!

柳生家、みんな小奇麗できっちりした身なりなのに十兵衛だけ野生ってのはどうなんとか思ってもいけないんですよね! 映画ですもんね!

しかしすごいのはエキストラの質と量、天守閣炎上の描き方。素晴らしいですね。
おじいちゃん(柳生宗矩/若山富三郎)危ないよ、逃げてよ戦ってるばあいじゃないよ燃えるよスタッフ助けてあげてェェェェ!
ってくらい燃えてます。あれだけの炎、今時使わないよね。セットの豪快な燃やし方、ハリウッドだわ……

あとね、ガラシャさんのメイクがきれいだった。古いんだけど昭和なんだけど、筆運びが美しくてラインがはっきりしてて。
山口小夜子風って言えばいいのかな。とても素敵でした。

あとねー、おっぱいぽろりがたくさんあったよ。ポロポロしてたよー。


今って製作費どんなに投入してもちゃっちい作品に仕上がってるのが多い気がする日本映画。
迫力からすれば、この「魔界転生」の方が断然上。炎も衣装も役者も構図も。
……SEだけは勘弁でしたけどね。笑っちゃうからね。

一時停止して模写りたいなあって画面たくさんあったしなあ。


原作読んでみたくなった作品でした。おしまい。

村正/丹波哲郎もかっこよかったです。刀鍛冶として実際に熱せられた刀剣をブシュシューって水につけるのも様になってたです。十兵衛と一緒に鍛錬してるのも、こいつらマジで打ってるよ……ってびっくりしました。
昔の映画ってすごいねぇ。

スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。