スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

粟田神社に行ってきた話

神社は好きです。

昨日の縁切り神社で書き残したことがあるので、先に。


人相の悪くなった、縁を切りたくてしようがない人たち。神様はだからといって何もしてくださらない。
でも、ご利益があるといわれるここへ来た。石の穴をくぐった。
その行為こそが、恨み憎しみなどマイナスの感情を少しばかりそぎ落としてくれるんじゃあないかな、とか思ったんだ。
さすれば冷静に対処できるし。
正しく行動できて、サヨナラすべき人と別れることができるんじゃないかな。

例の神社で、ここに書けないようなことがあったから余計にそう思うんだ。
神様は気まぐれに、たまにのんびりご覧になるだけなんだなあって。



こないだは粟田神社に行ってきました。
粟田口ってとてもとても田舎で、とんでもなく辺鄙で、例えるならそう、八瀬の一角のような。
そんなイメージでね。
ついでに言うと明智光秀死んだとこ? みたいなイメージ。違う、そこは小栗栖。みたいな。

調べてみると平安神宮と知恩院さんの間。
あらあら近いじゃなぁい。
しかもお祀りしている神様は素盞鳴尊。これは行かずにおられぬわ。
というわけで行ってきたのです。

碑? の、「神社」って字が特に好き。どなたがお書きになったんだろ。
IMG_0934.jpg
流れる水のような文字。素敵ですね。

ご本殿?はうんと坂を登ったところにあります。
IMG_0936.jpg
スロープ楽すぎ。
舗装されていないときに来たかったなぁなんて。直に土を踏んで、境内に向かいたかったな、なんて贅沢なことを考えました。

見上げれば木漏れ日。
IMG_0935.jpg


そしてお馬さん。
なんだか神々しく写ってますね。
IMG_0940.jpg

ご紋は、三つ巴に織田瓜(織田木瓜?) 八坂神社と同じです。なんでかな? スサノオ様関連?
ってことは織田家が頂点になりかけたときにご紋が変わったとかなのかな?


境内画像は撮っていません。はじめましてだったので、初めましてで境内というのは気が引けます。

おーとまちっくな御手水とか、ちっちゃくて不思議なお顔立ちのおこまちゃんとか。
面長なお稲荷さんとか。

爽やかな風と、うぐいすの声が出迎えてくれました。

だあれもいない境内(上まで来たって意味でね)、ぼーっとしたり、おこまちゃんとお話したり。
お稲荷さんの御簾が落ちかけててどうしようオロオロとか。

人気のない神社に一人でお参りするのが一番好きです。
とてもとても、静かなひとときです。


では、また。



スポンサーサイト

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。