スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

明るく後ろ向きな小学生と年の離れた親友が事件に巻き込まれる話 その2

009が映画化か……

島村さん、普通の髪型じゃないか。あの不自然にすぎるところがアニメっぽくて良かったと思うんですが時代ですかね。002、前髪どうした。



こんばんは佐藤です。


「明るく後ろ向きな小学生と年の離れた親友が事件に巻き込まれる話 その2」  後ろ向き設定忘れてた



「行くぞ」
「ちょ、まって美桜ちゃん。僕これからバイトだから無理だってば」
 青年はランドセル背負ったカワイイ小学生に腕を引っ張られ、あたふたしている。
「バイトとあたしとどっちが大切よ」
「そんなどっかのカップルみたいなこと言わないで。生活かかってるんだから、奨学金だけで生きていけなんだからこんどこそ働かせてください。正直、君より生活のほうが大切です!」

 ミサキは両手を腰に当てて首をかしげた。

「わけがわからん。あたしより大切なものがこの世の中にあるわけなかろう」
「君が意味不明だって。前のバイトをクビになったのも美桜ちゃんのせいだよ。店にずーっといすわってじーっと僕の事みてるから、お客さんが気味悪がってこなくなっちゃったんだから!」
「こんな美少女がいれば客寄せになるのに。まったく解せぬ。文句を言われる筋合いはないぞ。というか、なんで貴様はあたしを漢字で呼ぶか」
「言ってることよくわかんないけど、美桜ちゃんは美桜ちゃんじゃないか……」


 青年は頭を抱えてうずくまった。ずっと書くのを忘れていたが、彼は田中太郎左衛門綾乃。しがない大学生である。


「奨学金とか人を頼らねば勉学に励むことができぬとは情けない。そうか、その程度の人間であるからバイトをクビになり、アパートを追い出され、厳冬の中川沿いをさまよい、やがて力尽き骨となるわけか、ふむ」
「謝れ、全国の奨学金でがんばってる青少年に謝れ! 懸命に生きている学生さんを愚弄しちゃいけません、そして勝手に殺すな」

 黒猫が前足をぺとんと綾乃の足に載せた。猫好きにはたまらないこの重さ。
 綾乃とてねこだいすき動物大好き、つかの間、気持ちがほっこりした。


 と、黒猫、爪を立てた。

「いたっ 痛い、クロミちゃん痛いっ」

「生意気なことを言ってるからだ。クロはよくわかってるな。そもそも最悪の状態を考えずに行動を起こしているとは愚の骨頂。危機管理の欠如というものだろう。あたしみたく、常に最悪の場合を思い描きつつ生きていくのが正解だわ。常に後ろ向き、これがあたしの信条!」
「じゃあ僕が君の誘いを断るという選択肢を仮定しといてくださいよ」
「お前に選択権はない」
「マジっすか」


 絶望の表情を浮かべ、綾乃は顔を伏せた。なんか人生踏み外した、いや目立たぬよう控えめにまっとうに生きてきたのに横からタックル食らわされて道から外れてしまった、そんな気がする。


 泣きたい。そうだ泣こう。

 いざ涙でもこぼそうとしたところ、いい匂いがした。
 これはイースト菌の香り……

 綾乃が顔を上げると、花柄のナフキンが差し出されていた。
「何」
「給食の残り、コッペパンだ。遠慮するな、食べるといい」

 ミサキが極めて上から目線で言った。すごくバカにされていると思うが、綾乃は実際貧乏学生。年中腹を空かせている。コッペパンの香りが胃を刺激してならない。

「うちの給食は結構おいしいのだ。今日は出席番号7番、鈴木健吾の食欲がなさそうだったのでもらってやったのだ。あたしのおやつに食そうと考えたが、綾乃、お前に譲ってあげる」
 
 鈴木くん、かわいそうに……
 なんてことを思いつつ、綾乃はありがたくコッペパンをいただくことにした。空腹は気力を削ぐ。とりあえずお腹をみたして少女と相対する鋭気を養わねば。



 つづく。




 
 はやく事件に巻き込まれてもらわないと終わらないや。


 ではまたね。


 佐藤でした。
 
スポンサーサイト
テーマ : オリジナル小説(SF)
ジャンル : 小説・文学

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。