スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

セリフだけで。

メグロコ(メス)に「メグコ」と名付けた。「メグミ」にしたほうがよかったかなこんばんは佐藤です。

今日の僕はサトウではなくサトコちゃん気分。いやなんとなく。




昨日の続き。セリフだけでお話したらどうなるだろう。やってみよう。


思いつかない。

怪談とか、極端に喋らない人たちの話しか思いつかないヤッベェ。




でもがんばゆ。




「ゆりちゃんは明日も学校なんだから、もう休みなさい。この子は僕がみてますから」

「うん、ありがとう。おやすみ、父さん」

「君も休んでくれていいんだよ。今日は一緒に眠れないけど大丈夫だよね」
うるさい
「一人寝が寂しいのはよーっくわかるけど、ちゃんと寝るんだよ」
うっさい
「ミィー」
「ポットこっち持ってきとこ。おやすみね」



コーヒー
「え、どしたの。眠れなかったの?」
「ここ、置いとくから取りに来い」
「……この子、寝てるよ。こわくないよ。おいでよ」
「…………」
「どんだけ猫が苦手ですか。君にかかれば大の男も一捻りですよ、いろんな意味で」
「…………」



「どうもありがとう。いただくよ」





以上、なんとなくそのうち書こうかなあと思ってるお話の一部分。
出演は中学生の娘と20代後半の男とハタチくらいの女の子。

男と女の子は夫婦で、娘さんはお預かりしてるってとこ。
その娘さんが子猫拾ってきた事件から抜粋。


手書きでメモをつけておきたいところですが


リビング、三人。奥さんは離れた位置で様子伺い。

ダンボール覗きながら男

「ゆりちゃんは明日も学校なんだから、もう休みなさい。この子は僕がみてますから」


ちょい眠そうな娘
「うん、ありがとう。おやすみ、父さん」

目を見開いて、この状況をなんとかしたそうな奥さん。
ニッコリして夫。


「君も休んでくれていいんだよ。今日は一緒に眠れないけど大丈夫だよね」
ふざけんな、何はずかしいこと言ってんだよボケ、って顔で奥さん
うるさい
子猫に視線を戻して夫
「一人寝が寂しいのはよーっくわかるけど、ちゃんと寝るんだよ」
↑いつものことなので気にしてない。
↓気にしている妻

うっさい
かわいい子猫↓
「ミィー」
おっとミルク用のお湯を用意しておかねばと思いついた夫
「ポットこっち持ってきとこ。おやすみね」



真夜中、ブランケットにくるまりながら奥さんがリビングに登場。
子猫入りダンボールから可能な限り離れた位置。

コーヒー

心底びっくりしている夫↓
「え、どしたの。眠れなかったの?」

いらんこときくな鬱陶しいという顔で妻↓
「ここ、置いとくから取りに来い」

なんとしても子猫と仲良くお願い妻よ、という野望を捨てぬ夫↓
「……この子、寝てるよ。こわくないよ。おいでよ」

貴様が来いという顔で妻↓
「…………」

↓そんな妻をかわいいと思うデレ夫
「どんだけ猫が苦手ですか。君にかかれば大の男も一捻りですよ、いろんな意味で」

いろんな意味でってどんな意味だよと赤くなる妻
「…………」


夫、子猫がぐっすり眠っているのを確認して妻の元へ
「どうもありがとう。いただくよ」




みたいになるのか。うっとうしいなオイ。




無ー理ーっ! 簡略化しよう。




試行錯誤よー。



ではまたね。おやすみなさい。


 佐藤でした。






スポンサーサイト
テーマ : 同人ゲーム
ジャンル : ゲーム

Tag:制作日記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。