スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

「ハイペリオン」読み終えた話。ちょこっとネタバレあり。

こんばんは佐藤です。


「時空警察調査団」9回まで修正おわりましたの。
http://khronos394.blog115.fc2.com/blog-entry-197.html


「ハイペリオン」「ハイペリオンの没落」を読み終えました。


夢がひろがりんぐな世界をうまくまとめておられたと思います。
おもしろかったー。


サイリナースうざすぎとか、雲門語りすぎ「失楽園」のラファエルかよみたいな気分になったりもしましたが、キャラクターの書き分けがすばらしくすばらしかったと思います。

普通作者がいて、そこから派生するようなものだから根っこが同じ雰囲気というか
違うキャラなんだけれど、この作品の中のひとだよねって統一感があるんだけれど




バッラバラなんだもん。



見事だなあ。



で、広げられた風呂敷はきれいにたたまれたと思うんだよね。

ハントさん以外。



どっか勘違いしてるか読み飛ばしたかなと戻って読みなおしたんだけどやっぱないよね?
ネット検索しても謎のままだった。

まあ多分アレだろうってのはあるんだけどね。

ちょっと触れて欲しかったね。

だって心配なんだもん。



実際は忘れてたか、入れるつもりだったんだけどもう場所がなかったとかそういうことかなあ……なんて思っています。


他に検索してたら忘れてたような場面を謎としてあげておられる人がいた。
でもまあ……モニータの立場になって考えればわからなくもないよ、とね。そういうことじゃないかなって解釈してるです、僕としては。





オールドアースでキースとハントさんが旅をしててさ、宿屋でいつの間にか食事ができあがってたりしたでしょう。
実際はAIが手配してたり、うまいことしてただけなんだろけど


一瞬


シュライクがエプロンつけて料理してる姿が思い浮かんで萌えた。




ごめん、変態で。





カッサード大佐、ただのエロ親父かよーっと読み進んでいたらとんでもなく格好良かったですね。スキンスーツ1枚で身長3メートル超え、全身鋼鉄ハリネズミ赤複眼と勝負かけるんだもんね。


格闘や戦闘に興味なくて、いつもならナナメ読みすっ飛ばしなのに、じっくり読んじゃったよ。いちいちかっこよくってさ。スピード感と鋼鉄と生身がぶつかったときの高い音とかさ、ザクッと斬られたときの傷口の美しさであるとか、直後吹き出す血とか、瞬時に塞がるスーツの破れ目とかさ。砂を踏む足とか銃をを手に取った時の、金属のぶつかる音とか。きらめくオベリスクとか。遠距離近距離場面の変換、スーツ内に表示されめくるめくようなデータの流れとか。


格闘系番組やってたら瞬時にチャンネル変えるほどの僕を、そこまれひきつける描写って相当だと思うよ。





そしてこれ、映画で見たいんだけど


映画だったらあまりにさっさと重大なネタバレが出てしまうんだよなあ。ごまかしきかせてほしいな。



いや、映像化されないほうがいいかもしれない。
形になったものをみせられると世界が小さくなってしまう。


人間の頭の中で広がる、想像の世界。それはどんな映像をも凌駕するから。






ではまたでーっす。これから「エンディミオン」読みまーす。


 佐藤でした。

スポンサーサイト
テーマ : 読書感想
ジャンル : 小説・文学

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。