スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ドライアイ

こんばんは佐藤です。
なんかひどいドライアイになってるみたいです。
ためしに何秒目をあけていられるかやってみましたが5秒持ちませんでした。

薬飲みはじめました。なんか年寄りくさいお薬ですが、仕方ないですね。
というわけでかなりブログお休みしていました。ついったーもやすみがち。


教派ですね、「魔法の料理」というCDを買ってきたんですよ。
バンプさんですよ。
「~君から君へ~」というサブタイトルがいいじゃないですか。
「ディアナ・ソレルからディアナ・ソレルへ」みたいで。もう僕、ロランと張り合えるくらいディアナ様大好きですよ!


藤君ってなんでこう、痛いとこを淡々とついてくるんでしょうね。

泣くよ?泣いちゃうよ?


おもちゃの剣を振り回した。風呂敷を首にまいてマントにして石垣をジャンプして降りた。
ピアノは好きなはずだったのにきらいだった。

僕の三輪車も赤かった。ひっくりかえして車輪のカバー?のとこに砂をいれ、くるくるまわしてコーヒー豆をひいてるつもりになった。

基地もつくった。

どぶにはまってひどい擦り傷を作ってた。

ジャイアンみたいな年上の男の子が、カマキリにカマキリを食わせているのを見て背筋が凍った。

庭のくもの巣にひっかかった蝶が食べらてく様子をずっと観察していた。

すずらんは本当に鳴るのかな?ってちいさな指でゆらしてみたりした。


夕日をみるのがいやだった。


これが僕の送ってきた幼い日々。
誰かを嫌いになることなんて知らなかったころの。
憎いなんて思ったこともなかったころ。



藤君は未来には期待以上のものがまってるよって言ってくれてるけど

期待以上のものなんてなにもなくて、裏切られ続けるし
夢や希望は理不尽に踏み潰されていくものだし
くじけずにあらたな夢や希望を持っても

やっぱり残酷なまでに叩き潰されていくものだし

何度でも心は殺されるし

晩御飯に何一ついい思い出なんてないし


そうだね、覚悟だけはしておこうね。
でもね、その覚悟すらひっくり返されるほどに世の中は真っ暗だよ。



まあほんと世の中そんなものだけどさ。



でもどこかで誰かに
期待以上のものが訪れるだろからそれでいいや、とも思う。
今ちっさい子の何人かには素敵ななにかが待ってるだろうからそれでいいや。


うん



だからなるべく僕は

小さい子には微笑みかけるようにしてる。
幼いころ、不機嫌な大人の顔をみるのがつらかったから。

子供、決して好きではないんですけどね。
ニコーッとしたらすごいニコーッってするんですよね、子供。

自分がされていやなことはやっぱり誰かにしたくないんです。

きれいごとでもまあ、自分のできる範囲でですんでまあ大目にみてください。




んふー。



佐藤でした。






配布中です→オリジナルノベルゲーム 「時空警察vol.0.1(試用版)」無料ダウンロードURL
http://www1.axfc.net/uploader/O/so/108771


気が向いたらクリックしてください。

にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ : BUMP OF CHICKEN
ジャンル : 音楽

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。