スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

「獣の奏者」

こんばんは。今日も丑三つ時が近づいてまいりました。佐藤です。



僕は結構、本を読むのが好きなほうだと思います。
ホーガンは1冊を年単位でゆっくり読むのが好きです。

あちこちに読みかけの本をおいてあります。ベッドとか風呂とかテーブルとか本棚とか鞄とか。



そこにいて、気が落ち着いたときがあったらいつでも読めるように。
ないと不安になります。


食いしん坊がいつでも手の届くところに食べ物がないと不安になるみたいなものだと思います。



雑誌を含めるとやはり週に何冊か目を通すことになっているような気がします。
その中にまんがとかアニメ誌がひとっつもないんですけど(苦笑)。




最近読み終えたのは「獣の奏者」(1・2巻)
「精霊の守人」を描かれた上橋菜穂子さんの作品です。単行本になっていたので読んでみたです。
面白いです。特に後半。グイグイいっちゃうよ!


で、グイグイいって盛り上がってワォ!と思ったら終わった。



アルェ~?



ここからまとめの終章でしょー? アルェ~??


というわけで、まとめての感想が「……で、っていう」
それだけ。






作者ご本人は全部書いたからもういいんだー、という体なんだそうだが
読者としてはですね…足りない。成分足りない。


あと原稿用紙1枚くらいの長さでもいいんですよ。
彼女と彼女(人じゃないけど)の様子を遠くから、とか
町の人々の様子をさらっととか、その後の様子を一瞬でいいから書いてほしかったです。


数十年後、語り部かおばあさんかおじいさんがさらっと
「こういうことがあってね」って小さい子に話すとか(イッスン状態)



そういうシーンがあれば得心いくんですよ。心に落ちてくるんすよ。
最後に開いたチャックを閉じてくれる1文がないんすよー!!


だから「……で? っていう」




だから続きをってみんな言ったんだと思う。
作者は満足かもしれないけど、読者の立場になってくれよう。頼むよう。



イアルさんだっけ。いいとこ全部もっていくあの人ももっと見たいですね。
エリンよりもイアルさんだと思う。個人的に。
かわいい女の子は大好きだがかっこいい男性も大好きだぜ。




3,4巻、単行本になったら読みます。
楽しみです。




佐藤でした。

スポンサーサイト
テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。