スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

時代劇

時代劇、結構好きです。

「時代劇」という時代のドラマだそうですね。江戸っぽいどこかの。だから細かい部分をつっこむのは野暮ってもんらしいです。
まあでも「剣が君」のいろいろは突っ込ませてね。戦闘シーンのSEがどう転んでも鉄パイプをこすりあわせた音にしか聞こえず、どこの「バッカーノ!」だとか、昭和の暴走族の闘争かって頭の半分がそれを再生してしまうとかね。

テレビドラマの時代劇、随分減ってしまいましたが
それでも再放送のとか
タッキーの鼠小僧やら見てます。面白いですよ。

で、昨夜も某時代劇をみていましてね
女の子がひどいめに遭うんですね。
そして救われない。
視聴者にほんの少しの希望も与えない。
原因となった男たちには、それなりの希望がある。救いがある、ともいえる終わり方。

昭和の人気作家さん(男性)の作品にはしばしばそういうお話が見受けられます。
なんか読んでて悲しくなります。
現実社会ではもっともっとひどいことは沢山あるでしょう。承知しています。
でもね、時代劇はファンタジーだから。そういう残酷さいらないから、って思っちゃったんです。


昨夜Twitterでもつぶやきをもらしましたが
男性の描く世の中のひどさと、女性の描くこの世の残酷さって
ハリウッド映画と日本の怪談くらいの距離があるなあって感じました。

違うなあって。


今日のらくがきは、Perfumeの「FLASH」PVから1分クロッキー。
いろんな動きを簡単にラフぅ~に。

0630.jpg

「FLASH」のPVはすごい好きで、最初の頃は音を消してみていて
この子たちなんでベジェ曲線で動けるんだ? って、ただながめてました。
最新アルバムではブルーレイでPVが収録されていますよ。

ようつべではこちら。



ではまた。
スポンサーサイト

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

更新しました

タペストリーかざってみた。鈴懸マジカワイイ。神威くんもカワイイ。たまらん。

すずかけ

ちょっとまって、このとき鈴懸はもうお嫁さんもらってるわけだよね。
くっそくやしい(笑)。


さて、お久しぶり更新で
「ピアノと君とリコーダー」の続きを投下いたしました。

花ちゃんの日常です。お仕事してるよ。
でもなんかかわいそうなことになっちゃったよ。

よかったら読んでね。よろしくね。


ではまた。





Tag:お話  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記20

デッサンとクロッキーの違いがまだよくわかんないんだけど

デッサンは明暗を、クロッキーはものの流れみたいな解釈でいます。今のところ。
違うかもしれないけど。まだ多分、なんどか授業をとらないといけないっぽい。
なんでやねん。
両方共めっちゃ手が汚れるっすね。
洋画を専攻している人とお話してたんですが、木炭の石膏頭部デッサンはきつくって(外から覗いたら確かにきつそうだった)

鼻の穴まで真っ黒になるそう。
マスクをしてても鼻かんだら真っ黒。

その他、ひがな石膏像を見て描き続けるんですから、体力的にもきつい。
おなじ石膏像だもの、飽きないのかなぁって思いました。

さて、「剣が君」
ついにグッズにまで手を出してしまいました。
タペストリーとかガチャとかしました。もう痛い子になってきてるよ。全部グラが美しすぎて魅力的なのがいけないのよ。

ぴくしぶにもあげていますが(ぴくしぶでの名前はsugarにしました)
0626.jpg

久姫様と主人公です。
ディアナ様とキエル嬢のように、二人がそっくりというところから話がはじまっています。
しかし久姫のグラフィックはないんです! 読さんの落書きでも見たことがございません。
見たいです。どこかにあったら教えて下さい。見たいです。見たいよぉぉぉぉ!


女子も徳川家仕様なのかなあ?

妹にそっくりの人にのめりこんでく、養子にとった甥っ子を見てて
家光公は複雑なお気持ちだったろうなと思いましたア!

でもちゃんと面倒みてあげてて、将軍様おやさしい……


ではまたね。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

丸太町通

丸太町通、東山通(地図には「東大路通」と書かれていることが多いみたいですが、地元ではこう呼んでいます。東大路ってわかるんだけど、使うと「へ?」って顔してしまいます)から、あそこどこだ……山のふもとのあたりまで

熊野神社と岡崎神社があります。

どっちも素戔嗚尊をお祀りしてるみたい。

ぼーっとバスに乗ってながめてると二つのお社の前を通ることができまして、ご満悦。

そうだ、大概通りの北側にありますね。神社って。粟田神社は逆だけど。
南門を設けるためだと思いますが。

熊野社も岡崎も、あまり行く機会はないのですが
ぶらぶらしてるだけで神社仏閣と出会える町っていいなあって思っています。


岡崎神社のうさちゃんはかわいい上にお触りオッケーです(本物じゃないよ! 石でできてるよー)。
みやこめっせなどで行われるイベントにお越しの際は、足をのばしてごらんになってはいかがでしょうか。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記19

うん、まだがんばってるよ。いつまで模写やってんねんってとこですが。

開発日記5月5日の下から2番め左京さんに四苦八苦。

まずこれで。ひどく時間がかかったのにどうにもこうにもならず、就寝。
ぱぱうえはそこそこ描けた気になってた。
0623-3.jpg

翌日。昨晩の1/6以下の時間でかけたのはいいが、明らかに視点がおかしい。角度がおかしい。
これでおしまいと思ったけど、写真にとってみたらあまりに納得がいかないので
0623-4.jpg

潔く顔を消して描き直した。
0623-5.jpg

3つの中では一番、顔の角度が合ってきたんじゃないかなあ。
なんかほんと難しい。

下手でも人に見せろって言われたから上げてるけど、あとで凹むこととても多いや。

ところで読さんがお使いのソフトってなんなんだろう。最終的にはフォトショなんだろうけど。


うーむ。




Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

レイヤーマスクの使い方

もう少しSAIに慣れてきたら、クリスタを触ってみようと思ってるんだ。

先日来、一人で騒いでいるレイヤーマスクについて
今日は書いてみようと思う。

SAI レイヤーマスクで検索しても同じようなことしか書いてないんだよね。
だってそれ以外書きようがないからね……わかるんだけどね、レイヤーマスクの密林で迷い子になってるものにはパニックだよね。

レイヤーマスクっていうのは、くだけていえば
今書いてるレイヤーの一部を、消しゴムを使わずに消えたようにみせかけるMagicなわけだ。
「消えたようにみせかけてる」だけだから

「しまった消しすぎた! あとで輪郭広げようとしても中の着色がついてこない、
空白地ができちまう。埋めるにも微妙な色彩過ぎて大変過ぎる」

という、涙がでそうな場面でも

「あ、さっきのレイヤーマスクで消したと見せかけていた部分を元に戻したら、下の部分復活するじゃん。色を塗りなおさなくてもいいじゃん。俺って天才!」

ということになります。
そういうことです。

ちなSAI
0623.jpg
髪の毛とか服とか、ざっくりしぎるくらい雑に塗ってはみ出した部分を魔法のレイヤーマスクでかくしてます
SAIは各レイヤーごとにマスクします。
ぶっちゃけ、レイヤー全体をバケツで塗りつぶして、見せたい部分以外をかくしてもいいわけです。
(レイマーマスクをクリックして、黒か白かどっちかで塗ると、見えたり消えたりします)
普通に塗るにはこれで十分だと思われます。

さてフォトショ。
0623-2.jpg
フォトショのすごいとこはね、フォルダにいれたのをまとめてレイヤーマスクかけられるってとこ(SAIでもできるのかは知らん)。
いろいろと凝ったことしたいときにこれは便利です。
すごく便利。
僕の大好きなイラストレーターさんは、よくこの方法を使っておられるそうです。

フォトショでマスクといえば、チャンネルに保存という方法をよくとっていましたが、
色塗り塗りつぶしみたいな場合はこちらが圧倒的に便利です。
応用もききます。

なので、デジタルで写真とか絵とかやってる方は是非にでございますよ!



では、またね。


Tag:イラスト  Trackback:0 comment:0 

フォトショップ レイヤーマスク

昨夜、フォトショのレイヤーマスクに弄ばれ、
ひどく頭痛の今日。

でもぼんやりわかってきました。
じゃあ、これとこれをこう組み合わせたらどうだろう、とか
試してます。
試してるだけなので、この絵は完成しないかもしれません。

レイヤーマスク含めてこんな感じ

0622.jpg

SAIで描いたのをフォトショに持ってきました。

レイヤーマスクが使えるようになったら、いろんな幅が広がりそう。
どうりでみなさんお使いのはずだわ。



ところで、今朝あるいているとカラスの群れがいたんですね。
結構な数いました。このあたりではあまり見ないくらい。
若干オラついてたのは、ひょっとして巣立ちを終えたばかりの子ガラスだったのかな? なんて考えていました。
急に数が増えて、性質がいつもと違う(上品なカラスの多い地域)。
まあそれはそれで、がんばって生きていってくれたまえでございます。

もし、カラスとお友達になれたら楽しいだろうなあ。

ではまた。

芸大(絵)受験時の話をきいて、僕には絶対無理だなあと思った夜に。

Tag:イラスト  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記18

たまには普通に眠ってみたい。


シュタゲ、ぼちぼちプレイしています。
タイターさんと文通していますよ。

レポートの課題、見なおしてみたら思っていたのと違って、
構成を考えなおさなくっちゃねぇ

と、思いつめたので現実逃避しました。

0621.jpg

九十九君。
その後もいろいろ調整してちゃんと爪とか描いてたら、違うわこっち包帯やわと手を消去したりいろいろしてました。
刀の柄をじっくり眺めることができて楽しかったです。下げ緒とか。
きっちりきっちり巻いてあるんですよ、当たり前だけど。
帯留めじゃねぇ、帯締め巻いてあるの? としか思えなかったりするけど(実際、下げ緒が並んでるところは呉服屋さんの帯締め売り場みたい)違うんかな。
僕のは綿です。帯締めは普通絹だよね? 絹の下げ緒もあったような気はしますが、僕は綿をセレクトしたんで。

今、ペン入れってのしてます。
めっちゃプルプルします。
誰か助けてってくらいプルンプルン、ブルンブルンです。
なんでみんなあんなにスッと描けるの。なんでなの。

シュッて描けるようになってみたいです。


この絵が完成するかどうかは未定です。
心折れたらそれまででございます。よく折れるんだ、これが。

では、また。


Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

目の検査

目の検査、特に以上はないみたいでした。
突然極端に見えなくなったので、どうかなあって思ってたんですけれど
眼圧とか大丈夫だったからいいや。

左右の差が大きいのがアレだけどね、ってな程度みたいです。
ドライアイでもないみたいです。
めっちゃ瞬きしてるもんな……


デッサンの授業では、近くも遠くも凝視して
見えないモノを見ようとしてる具合でして
たまらん頭痛に苛まれたりもしますが、ご愛嬌ってことにしておきます。
これといった異常がなければ、気にしていたってしようがないですもんね。


と、それはそうと
フォトショのブラシを増やしました。
こそこそ九十九くんを描いてみたりしてました。
ワンデーアキュビュー目の玉大きく見せますを天然ではめこんでいる彼の描き方をなんとなく把握できたような。
でもまだ髪型がよくわからないので研究します。
「剣が君」と、「ノラガミ」は、キャラクターの区別がつく程度にはもしゃもしゃしていきたいなあと思っています。
秋の作品展が近づいているので、そっちを仕上げないといけませんし、
そんなにお絵かきをしている時間は取れないかもなんですが、できる範囲でがんばります。


ではまた、明日。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

今日あたりから

ブログを休んでおりましたが、
今日あたりからもしゃもしゃとか色んなことを再開します。


よくわからないところから荷物が届いた、と
開けてみたら
Rejetさん(「剣が君」出したとこ)からでした。通販でガチャったやつ。
ちびっこ左京さんがめっちゃかわいかったです。

ところで乙女ゲーム女子は「乙女ゲーをしてる」ことをあまり知られたくないそうです。
なんで? って驚いたのですが、
ガチオタな人がわざわざ自分から告白するわけないし。そんな感じなのかな。

うん、僕もたしかにわざわざ言わないしね。


そうそう、梅田の阪急で戦国グッズ販売やってましたよ。横では真田丸展。
真田に興味はなくとも、衣装などには興味があるので見てきました。
「お江」の時よりかなり仕立てがちゃんとしていたように思えます。
(↑布地はとても良いものの、仕立てがミシンでガーッとやっちゃいました☆ ジョバンニが一晩で、みたいだったんです)
甲冑などもありましたよ。
テレビ用だし、多少材質に「?」ってなるところもありましたが、触れないけれど10センチくらいまで近づいて見ることができるって機会はそうそうないので良かったなあと。
というか、脇役用でいいから使用済み時代衣装(これぞまさにコスチューム・プレイ!)を販売してくれませんかね。マジで。


では、また。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

お話を書くということ

「ピアノと君とリコーダー」

ぼちぼち書いてます。

結構綺麗事書いてます。
誰でも綺麗な部分はあって、彼や彼女が泥々としたものに巻き込まれたりとか
仕事上のあれやこれやとか

SNSで言うTwitterの部分はほぼ書かず、

インスタの部分だけ抽出して描いている感じです。



お話の世界の中なので、あんまり鬱々としたことは表現したくないなってのがあります。
そりゃあ悲しいことなんかも書くし、ショートショート(短編集)では残酷とも思えなくもないシーンや
取り返しの付かないことに対するお話も書いてます。

ただ、それだけじゃないようにしたいなとは思ってるんです。

読後感が爽やかでなくともいい、なんか心に引っかかる部分があるなあってのがあっていい。

読み終わった後に、時間返せやアホンダラァァァ! って本を床に叩きつけそうになるような、
そういうのは避けたいな……

たとえばこういうのは「?」って思ったけどお話としてきっちり読めるからいいんです。
遠藤周作の「マリー・アントワネット」や、司馬遼太郎の描く新撰組関連話(これは1編しか読んでませんが)。
なんでこの人、題材にした人のこと嫌いなのに書いたんだろう? って。
文章からふつふつと伝わってくる「嫌い」って感情、なのにとても真摯に向き合っている。

そういった作品は初めてだったので読後感が「なんで?」だったんですね。

好き嫌いを超えて描きたい人物だったとか、伝えたいことを表現するのに最適なキャラクターだったとか、
埋もれてたこいつ、超書いてみてぇ! とかあるんだろなってのは理解できるんですよ。
創作ですからね、なんでもアリですよ。そこがいいんですもん。


そうとは感じられない、なんだろうねえ、
読んでる最中から苦手なひっくり返した虫のおなか側、足がもぞもぞ動いてるのを見ちゃって「イヤァァァ!」ってなるような作品ってのがあるんですよこれが(笑)。なんで出版されてるのこれ、続刊出てるのわけわかんない、みたいな。
途中まで読んじゃったから最後まで読まないと、これまた気持ち悪いからなんとか1冊は読みきるようにしますが。


話が逸れました。


生み出した作品というのはどこか自分が出ていて、自身の切り売りみたいな部分もあると思います。
どこかしら生き方が出てると思います。
こういう言葉だけは使いたくない、こんな言葉遣いはしたくない、そういうところを含めて、ですね。
無理に曲げようとは思ってません。

短編集も、「ピアノ……」も、どこか僕らしさが出てしまっていて気恥ずかしい部分が多々あることは否定できません。
それでも湧き出てしまったお話は生み出したいです。

そしてもし、それがお気に召すことがあれば大変光栄です。


そうなるよう願います。
僕自身も成長していきたいと、そのための努力は惜しまないつもりでいます。


これからも、どうぞよろしく。

Tag:お話  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記17

6月15日は実彰さんのお誕生日なんだそうで。


知らねーよ! ロランの誕生日すら覚えられていないのに(11月だったような気がする)
キャラクターの誕生日まで把握してないわヨ! まず自分の誕生日覚えなきゃいけないのに(←間違える)
でも乙女のみなさんはご存知のようで。感服。

で、僕も慌てて描いてみた。このウェ~ブに乗らねばと描いてみた。
とてもじゃないけど時間がない。

黒羽実彰さんは今日がおたんじょうびです。 | 佐藤健志 [pixiv]0615.jpg

時間がないくせに6人プラスお嬢さんとあとひとりとかいう無謀なことをしてたので、とてもラフ。
6人もいると、誰か抜けますね。誰か描き忘れますね。

緑の天使忘れてたんですけどね。


そんなこんなありまして、お誕生日おめでとう実彰さん。
ことしで400と何歳なのかな?


ではまた。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

粟田神社に行ってきた話

神社は好きです。

昨日の縁切り神社で書き残したことがあるので、先に。


人相の悪くなった、縁を切りたくてしようがない人たち。神様はだからといって何もしてくださらない。
でも、ご利益があるといわれるここへ来た。石の穴をくぐった。
その行為こそが、恨み憎しみなどマイナスの感情を少しばかりそぎ落としてくれるんじゃあないかな、とか思ったんだ。
さすれば冷静に対処できるし。
正しく行動できて、サヨナラすべき人と別れることができるんじゃないかな。

例の神社で、ここに書けないようなことがあったから余計にそう思うんだ。
神様は気まぐれに、たまにのんびりご覧になるだけなんだなあって。



こないだは粟田神社に行ってきました。
粟田口ってとてもとても田舎で、とんでもなく辺鄙で、例えるならそう、八瀬の一角のような。
そんなイメージでね。
ついでに言うと明智光秀死んだとこ? みたいなイメージ。違う、そこは小栗栖。みたいな。

調べてみると平安神宮と知恩院さんの間。
あらあら近いじゃなぁい。
しかもお祀りしている神様は素盞鳴尊。これは行かずにおられぬわ。
というわけで行ってきたのです。

碑? の、「神社」って字が特に好き。どなたがお書きになったんだろ。
IMG_0934.jpg
流れる水のような文字。素敵ですね。

ご本殿?はうんと坂を登ったところにあります。
IMG_0936.jpg
スロープ楽すぎ。
舗装されていないときに来たかったなぁなんて。直に土を踏んで、境内に向かいたかったな、なんて贅沢なことを考えました。

見上げれば木漏れ日。
IMG_0935.jpg


そしてお馬さん。
なんだか神々しく写ってますね。
IMG_0940.jpg

ご紋は、三つ巴に織田瓜(織田木瓜?) 八坂神社と同じです。なんでかな? スサノオ様関連?
ってことは織田家が頂点になりかけたときにご紋が変わったとかなのかな?


境内画像は撮っていません。はじめましてだったので、初めましてで境内というのは気が引けます。

おーとまちっくな御手水とか、ちっちゃくて不思議なお顔立ちのおこまちゃんとか。
面長なお稲荷さんとか。

爽やかな風と、うぐいすの声が出迎えてくれました。

だあれもいない境内(上まで来たって意味でね)、ぼーっとしたり、おこまちゃんとお話したり。
お稲荷さんの御簾が落ちかけててどうしようオロオロとか。

人気のない神社に一人でお参りするのが一番好きです。
とてもとても、静かなひとときです。


では、また。



Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記16

昨夜のもしゃもしゃは、公式「開発日記」たしか去年の家光さんお誕生日おめでとうだったかな。
家光公と香夜ちゃん。

家光公若っ

0613-2.jpg

こんなにもしゃもしゃしててもまだ特徴がつかめない画伯出身アタクシ先は長い。


で、昨日はずっとSAIのレイヤーマスクなどを。
……SAIにはチャンネルないからか。
考えこまなくても、普通にマスクだと思えばよかったんだ。レイヤーの中に入り込んでる風に見えるマスク。

0613.jpg

というわけで、ざっくりマスキング。感覚的にはフォトショと一緒だ。フォトショの方がマスキングしやすいけど。慣れかな?

そういうことにしておこう。


では、また。








Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

安井金比羅宮さんに行ってきた話

まずは、全力でカラスさんと遊んでいる八坂さんのおこまちゃん画像を。
コレ持ってたらきっと幸せになれるよ。
Ck4tOXkUgAEwteR.jpg


今日はね、安井の金毘羅さんに行ってきた話をしようと思うんです。

ここは全国的に「縁切り」のご利益があるとしてとても有名です。
八坂神社と清水寺の間にあります。歩いていける距離です。

何度も何度も前を通ったことは在るんですが、東山通(東大路通)から見た雰囲気が独特で、行ってはいけないと思ってたんです。
でもまあ夢に出てきたことだし行ってくるかぁ

ってなわけで行った時の話です。


あのね、普通の生活している人は行かなくていいと思うんです。
むしろ行かない方がいいと思います。
お宮さんがダメってわけじゃあないんです。
石を潜ろうと並んでる行列、あれは気を強く持っていないと変な影響を受けて帰ってしまうと思うんです。
ちなみに女性率99%で、男が行くと「ちょっと男子ぃ~」みたいな状況になるので男性諸氏は覚悟して行くがいいぞ。

まあ僕だってね、縁を切りたい人はいるよ。切りたくて切りたくていっそ呪ってやろうかぁぁぁぁ!って人はいるよ。

でもね、それは僕の心の問題だから。シネバイイノニなんて考えてしまう自分との戦いでもあるわけで。


岩に願い事を書いた紙をはりつけるのね。それにドン引きする観光客も多いみたいですよ。
「夫と別れろー」とかそういうのを書いたやつ。下手すりゃ相手の住所氏名とかガンガン書かれてる。
中には「弟の病が治りますように」なんていう、涙出るような病との縁切りを望んでおられる紙もある。

ただ、僕の前に並んでいた人もそうだったんだけど
「どこそこの何々に勤めている○○です。誰それと縁切れろ!目の届かないところに消えやがれ!」
実名ですよ……有名なお店ですよ……
いいのか? 大丈夫なのか?
(お宮さんでは、名前は書かなくっていいですっっって注意書きがあります)

恨みは積もっているのでしょう。きっと今、いろんな良き縁がないんでしょう。
だってお顔がもう、人相がすごく悪くなってるもの。絶対友達にも同僚にもなりたくない。近寄りたくない。関わりたくない。
そういう方々が沢山並んでおられる。
中には「素敵なカレと出会えますように☆」みたいなかわいい女の子たちもいたけどね。

悪縁はあなたが呼んでるんじゃないかな。悪縁があっての良縁だよ。それを忘れちゃったのか、気付かないでいるのか。
悪い縁といかに向き合うかで周囲の人々は変わるよ。光と影の関係と同じだよ。
神様は何もしてくださらない。人々の行動をそっと見ておられるだけだよ。
たまーに気まぐれに手をお貸し下さることもあるかもしれないけど。


そんなことを考えてしまいました。


病むほど辛いことなんていくらでもあるさ。
でもね、たとえばどん底にいたとしても
カラスと戯れる楽しそうなおこまちゃんだっているんだ。
そういうことに気づけないのはきっとさびしいことだから、

恨み憎しみ120%になったとしても、たまに世界に目をむけてみるのはいいことだと思うよ。
きっとそれが解決の糸口につながるからさ。


それにしても八坂さんのおこまちゃんはいつもみんな楽しそうなので嬉しくなっちゃうね。

長くなりましたが、では、また。

女の人ってこわいね。


Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記15

ぴくしぶはじめました。


昨日はもしゃもしゃお休みしました。

左京さん一家の着色もまだなのですが、ふと思い立って液タブ起動させていたのです。


こんなのを。

0612-3.jpg

ふと香夜ちゃん描いてみようって気になりまして。

花村紅緒さんに見えてきたんですが。


つか、紅緒さんの苗字覚えていた自分に驚愕したんですが。


仕上げるかどうかはともかく、なんだか画力が上がってきたような気がして無駄に張り切ってるさっこんでございます。


Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

眼科に行ってきた話

眼科に行ってきました。

去年かな、いきなり視力が落ちて
何年も前に無理に無理を重ねた時にも落ちたんだけど
少々生活に不便を感じるようになってまいりましたので

思い切って行ってきました。

緑内障とかだったらいやだしね。

昔、視野欠損したこともあるしね。ストレス性みたいだったけどさ。


結果、眼圧視野ともに正常。ただ異同視(左右の視力に大きな差がある)がひどいので、これは辛いんじゃないかとのこと。
視力差があることは重々承知していたのですが
これは相当負担になっているようです。困りましたね。困りましたけどどうしようもないですね。23世紀になれば近眼ってなくなるんですけどね(「スタートレック」)。
いつか老眼も入ってくるでしょうし、どうなるんですかね。
遠くも近くも、今でも見づらいのに。乱視もひどいもんでしてね。
こないだなんてメガネかけてるのに、「見えにくいなあメガネどこやったっけ」って探してましたからね。

眼底検査も一応やっとこうって話になりました。瞳孔パッカーンってやつ。めっちゃ眩しいと噂のアレ。

まあでも、とりあえず白内障緑内障その他、病の兆候はないとのこと。

文章書きもお絵かきもできそうです。美術館賞もね!


たださあ……首から上のマッサージ受けた後ってめちゃくちゃ目がよく見えるんだよ。
顔とか頭とか。練習台になってあげたりしたときにね。
偏頭痛などもひどかったし、単に首から上の血行不良なんじゃ……?って思うこともあります。

問題は僕って人に触れられるのが吐くほど嫌いだってこと。
高所恐怖症の人が高所嫌がるのと同じくらい。


えーっと僕、高所恐怖症です。


まいったなあ。ほんと。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記14

昨夜は剣が君のわんどろがあるかなぁ、と待ってたんですが
なかったので

しかしSAIを起動し、液タブを片手にレイヤーマスクについてガシガシ調べ、
公式大全を手にしていたため、このまま片付けるのもなんだしなぁと
ひとりわんどろしてました。

近江山の鬼。仲良しさん。

けんがくん0611

片付けていた横笛引っ張りだしてきましたよ。横笛ってリコーダーと違って第2関節で穴をおさえるんだよ、これ豆な。


どうしてもフリーハンドで直線が引けなくて検索したりしてました。
最終的にはフォトショで仕上げることと相成ります。写真加工は仕事でちょこまかやってたのでぶっちゃけこっちのが楽です。
でもSAIにはSAIのいいところがあるしね。

フォトショ10万だったかな? ってときにSAIは数千円だったもの。ペインターは数万だよね。
日本のオタクの画力が飛躍的に伸びたのはこれによる裾野の広がりに違いないと思うわ。


こないだイベントでゲットしてきたクリスタ、そろそろインストールしないとね。
クリスタ、使用者めっちゃ多いみたいですね。
僕も人並みに使えるようになってみたいなあ。


ではまた。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

貴船のお山

北の方には貴船・鞍馬のお山があります。夏でも涼しく、避暑にいいところです。
といっても別荘地ではなく、ひとときを過ごそうかね、という場所。
夜中は真っ暗なので怖いです。

古い土地です。
道はアスファルトですが、不便な場所です。
参拝か、床など食事に出かけるか、以外で訪ねる人はほとんどいないでしょう。
故にお山が昔のままです。
僕は天狗ではないので、何百年も生きちゃあいませんが、
ああ昔の空気そのままだぁぁ……って感じます。

高く高く伸びた木々。細い山道。苔むした岩。

IMG_0800.jpg


しばらく腰掛けて、一眠りしたくなります。
ここで見る夢はどんなだろうね。

今でも不便な土地。
ここに行幸した方々は何を思い、何を願ったんだろうね。
お社を建てようとがんばった人たちも、心に何を描いていたんだろうね。
鳥が鳴き、虫が飛び、葉ずれの音をききながら。

うんと昔の、参道もここまできれいに整備されていなかった頃の貴船のお山を歩いてみたいです。

耳にはきこえない音に包まれながら、空を木を、土を岩をながめつつ。



Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「凍京NECRO」プレイ日記8 ネタバレあり

久しぶりにNECROをプレイしました。

前回は、早雲が死体になってみんなで海に浮かぶ都市に行ったところまで。


男主人公がイリアちゃんと結ばれて彼女が死んじゃう話よりも大分と奥行きがある?ような。
登場人物それぞれのバックボーンが(早雲のぞく)が見えるからでしょうか。浅いけど、ヒントさえもらえば察することはできるから。

数字男が哀れなまま最後をとげたり、
エネルギー会社の美人CEOが陵辱されていたり
所長が改造人間になっていたり

まあいろいろありましたが

まだピースが全て揃っていないので、世界の全容は見えていません。作者(制作側)が何を伝えたかったのかがまだあやふやなところがたくさんあります。

「装甲悪鬼村正」の時も感じたんですが、
「NECRO」の世界を含めて、ここにはいたくない住みたくないなぁと思います。
そんな世界に生まれなくってよかったなって、そう思います。
世界が悲鳴を上げているようなんだもの。


外部から眺めてるだけで、心も体もひどく痛い。刺されるように痛い。

悲鳴にあふれた遠い世界で、しかし勇気を持って生きているキャラクターたちに



エールを。


Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記13

今週大変だったの。


でも昨晩は久しぶりだしって頭痛をないものとして(笑)ひさびさのもしゃもしゃしてみたよ。

かわいくて気立てがよくって、素敵女の子服部半蔵!……だと思う。

けんがくん0610

ちょっとずつ自賛だけど上手になってきたかなぁ模写って思ってたんだけど、
鼻の下のラインから口と顎(←そこら辺から書き始めた)がまず描けなくて、目を描こうとしたら描けなくて
本当に描けなくて、
顔の輪郭と後頭部を「人間の骨格」のアウトラインのあたりをとる程度で諦めて

体から書き始めました。

描けなければ描けそうなとこから! お手本があるんだからバランスさえ把握すればどこからでも描けるはずと信じて

「足ほっそ! 細すぎるわ大丈夫かこの子」……ニーハイのサイドの柄を影だと思ってました。その程度の観察力。


模写って観察力だなあと思いました。
客観的にどれだけ見ることができるかってのが大事なんだなあって。


あ、あたしの半蔵、足開きすぎ……女の子なのに。しまった。気づかなかった。この程度の観察力。



そういえばRejetさんの通販部で、剣が君の新しいグッズの発売予告がありましたね。タペストリー。B2。ちっさ!B全ほしいよB0!
画集にあるからいらないやん、という冷静な心の声と
「でもこの鈴懸とカムイ君の笑顔で心洗われるやん」ってお花畑入った声が熾烈な戦いを繰り広げてくれています。



もうね、なんていうかね、当分これで生きていこうと思いますわ。

「剣が君」と「装甲悪鬼村正」でいきますわ。
なんかそんな気になってきました。

しかし

村正はファン層の感覚って僕も一緒だと思うんだけど


「剣が君」好きな女の子と僕とでは隔絶してるだろうな、って実感はあるなぁ……
ベクトルが違うってこういうことなんだろうな。


でも、読さんの絵が素晴らしいって点は揺るがないわけで。模写は苦しいけどやりがいあるし。


ぼちぼちがんばります。
剣が君オンリーイッテミタイナ……

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記13

あのね、ついったでね、

熱心に#剣が君ってタグつけて投稿してたらね、
剣が君ファンの人からフォローされるかなって思ってたんだけど

皆無な!(笑)

そもそも#剣が君タグ遡ってもほとんど僕しか投稿してないのな! なにこの孤独感。

負けないけどな!


0606.jpg

昨日のもしゃもしゃ。例の二人。
本編でえらく雑に扱われたまま退場していった可哀想な人たち。
画集見たら、ちゃんと設定あるのに生かされないまま終わってましたね。容量制限で描けなかったのかなあ。


シグの方は、最初書いたら似なくて。
似なくてもいいからもっとTo Loveるっぽく、愛くるしい色気がないと!
と、翌日も同じの書いたら

ただのあざとい子になってしまった。
なんか違うねん。書きたいのはこういうのと違うねん。


もしこんな子が二人して落ちてたら拾うね。
拾って囲って育てるね。必死で働いて養うね。寝食忘れて働いてめっちゃ可愛がるわ。
この子たち、絶対いい子なんだよ。用意されてた道が厳しくて不幸だっただけで、いい子なんだよ。


という、日に日に濃い「剣が君」ファンになってきていますが
怖がらずにお付き合いくださいまし。

ほんっと、こわくないから。

ほんとだよ?


Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

勝新「人斬り」見た話

昔の時代劇や映画って面白いのが多いなあって思うことがあります。
作られた数が多いから当然なんですが、

まず役者さんが和服生活が残っていた時代の人であること。
所作が自然であること。
人が死ぬのが当たり前だった時代を知っている。子どもなんてちょっとしたことで死ぬし、流行病で死ぬし、お腹壊したら死ぬし。
大人でも戦争行って死ぬし。

日本の人間が、貪欲で骨太でたくましかった時代。そういう人が今よりも多かった時代って言えばいいのかな。
画面を通して人の強さが伝わってくる。


「人斬り」は司馬遼太郎の「人斬り以蔵」をベースにしたものです。
以前司馬遼太郎が自ら脚本を書いた、バブル期?の映画だか番組だかをちらちら見たことがあるんです。そちらは大変退屈だったのであんまり期待してなかったんです「人斬り」
第一幕末だし。幕末興味ナッシングだし。ないなりにも知識としては知ってなきゃいけないかなあくらいなもんで。


勝新太郎がどうしてあの時代のヒーローだったのか、ものすごく理解できました。すごくわかった。
だってすごいんだもん。
「人斬り以蔵」を読んだ時は「以蔵ってただのバカやん」で終わっていたのですがね、お腹ぷよりんでお顔もブルンブルな勝新ですがね、魅力的なんですよ。原作通りバカだけど。世の中や人の機敏やらなんやら理解できないまま大人になった少年みたいな。

実際の映画では「人斬り以蔵」部分はほとんどないです。たまーに、あのシーンねはいはいはいくらいしかないです。
無くて良かったです。
路地での居抜きからのチャンチャンバラバラは息を飲みます。居合やってる人には剣を抜いてる瞬間とかはっきり見えるみたいですが、ド素人な僕にはわかりませんでした。目悪いし。画面暗いし。ただ、すごいことしてるってのはわかります。

剣を振るう二人はもうね、死闘。
鍔迫り合いってこういうものかもしれない。
演技ですらこれだもの、当時の斬り合いはもっともっと恐ろしい物だったんだろうと恐怖に震えました。

「この俳優さんだれだろ? めっちゃ筋肉すごい」のが三島由紀夫だったり
品が良いが明らかに浮いている大人の事情で出演なのか、キャスティングミスなのか、の坂本龍馬石原裕次郎とか

このおねえちゃんキレイやんってのが倍賞なんとかさんだったりとか

俳優さんの面々を調べるだけでも面白いです。


このように「人斬り」 時代劇スキーなら一度は見たほうがいいんじゃね?ってくらいのおすすめ作品です。
昭和のちびっ子がなんでチャンバラごっこしてたんだろってのがわかります。
だってとてもカッコイイですからね!


そんな「人斬り」ですが、もしひとつ残念なところをあげるとしたら
ラストシーンですかね……
笑うところなのかな?って思っちゃった。
宮部みゆき「模倣犯」(映画)最後のアレが「ハァァァ?」だったみたいな。

確かに人間は水のつまった袋みたいなもんですけどね。
あそこは原作通りでよかったんじゃないっすかね。


   youtubeで「人斬り」名シーンは見れるんですが、やっぱアレなのでちゃんとディスクで見て下さいねー



昔の映画で、名作として残っているものには理由があるなって話でございました。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」らくがき日記12

もっかい村正やりたくなってきたよ。


もしゃもしゃをする気力がなかったので、
今日は修正中のものにて茶を濁すことにする。
けんがくん0531-1

こないだのわんどろで描いたやつ、どうにもこうにもだったため、
コツコツと直そうといじってたら

どうしようもなくなって

改めて赤ペン先生してみたの。


全部に赤ペン先生だったわwww
1から書き直せレベルではないか。

何度描いても描いても描いても早瀬未沙になってしまう香夜ちゃんの目とか
(拡大したらちゃんとなってるんだけど)

もしかしたら、自分では精一杯大きな目のつもりだったけれど、
それどころではないくらい大きいのかもしれないこの子……恐ろしい子! とか
そういえば本編の立ち絵はそうでもないが、イベ絵では書くキャラクターの目が大きすぎてヒィィィッってなってたのを思い出したりして。

そういうのはどうでもいい。

おっぱいが
おっぱいの理想形を
香夜ちゃんは15,6歳くらいっぽいんだが、すごくおっぱいがお姉さんでしょ?
あのアレをアレしてああなるようにはどうすればいいのか
おっぱい超がんばる。
わんどろのときも、ひたすらおっぱいで悩んでいたが
赤ペンでもどういうのがいいか模索して

このあと清書したんですが、その時も散々悩んだわ。

ビバ! おっぱい。


Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

らくがき日記3 今川雷蝶

昨夜のもしゃもしゃ。公方つながりで、某今川さんちの公方さんを。

雷蝶さん。
0602.jpg

今川雷蝶さんで検索するとヒットするので見てね!
僕の大好きなキャラクターだよ。

というわけで、ニトロキャラにもチャレンジしてみました。
うん、いろいろ突っ込まないでねおねがい。写真にとるとほんっとなんというか
あのね、下から写真取るとバランスとれてるようにみえるんだよ! ほんとだよ!


で、昨日はニトロの公式回ってたんですよね。「装甲悪鬼村正」の。で、ああこのキャラクターかわいかったな、かわいそうだったけどとか、いろいろ思い出してしまってさ。

どんどん「NECRO」をプレイする気力が削がれていく(苦笑)。

それだけ村正よかったんですよ。
キャラクタービジュアルが主人公以外すごくいい!
雷蝶さん、見た目のインパクトすごいけれど、すごく強くてすごくかっこいい。

毎日急いで帰ってきてはプレイしていた日々が懐かしい。当ブログの過去日記に、村正のプレイ日記があるのでお暇な時には覗いてみてください。

いやいやその前に、

村正プレイしてみてください。
時に「タチコマ、お前遅いんじゃ(スキップ中)」となることもありましょうが、
18禁ではありますが、「18禁はマジで大人の事情で仕方なく入れました」であって、全く記憶に残りませんから!
ほんっと欠片も覚えてないわ。

「装甲悪鬼村正」ですよ。忘れないでね。面白いから。



雷蝶さんの嫁ならなってもいいと思った。側室でいい(笑)。うーん、やっぱ愛人くらいでおねがい。これが一番被害少なそう。


Tag:イラスト  Trackback:0 comment:0 

真面目気味に「剣が君」らくがき日記12

昨日描いたのは「ぱぱ上とぼく」 公式開発日記5月5日分上から4番目
赤と家光公でございました。

けんがくん0601
さっきアホ毛足しました。

画集表紙では唯一挫折し、全く描けなかった(めっちゃがんばったのに石仮面になっていった)赤くんです。
なんだよ、子どもデフォルメまで似なかったよ。鬼門かよ。
てゆぅかぁ

家光公に抱きついている右腕がすごい好きで。
乳幼児期のぷゆぷゆから脱して、いらん肉が落ちて引き締まり始めた年中年長さんくらいでしょうか。
あのくらいの子の腕って「人としてやっていけるのか。大丈夫かその細腕で」みたいじゃないですか。
生後2週間の猫の足みたいにか細くってでもちゃんと動いてるっていうの? 
親指と人差し指でつくった輪の中に手首入るの、なんだこれってならね?
そりゃあ家光さんも萌えるわ可愛がっちゃうわ。



さて、赤(縁)ENDって死ぬ・記憶喪失・城下・白河だったわけですが

一見GOOD ENDにも見えなくもない二つもさ、あれ、GOODじゃないよね。多分TRUEは死んじゃうやつだと思う。あれだけ唯一救われてたからな、彼。

城下も白河も、ひっでぇ話だと思ったんだよ。職務放棄かよって。白河なんて好きな女の子の親まで巻き込んで言葉の違う国へお引越しだよ? なんだよそれってとこだけど

どちらも全く幕府とのつながり消えてないんだよね。香夜ちゃんのお父さんも、幕府に頼まれたからこそ一緒に行ったのかもしれないね。
かわいい息子に、最後に少し、心から楽しい日を過ごさせてやりたいなって家光公の親心。10歳くらいしか違わないけどな!
17歳美少女に見えて実は54歳とかじゃないかとか思ってたけど三十路なんだってな家光。年表見返してないからわからんけど。

せいぜいのところ、2,3年で引き戻されるだろうけど
そのとき香夜ちゃんは一緒ってわけにはいかないだろうな。
そこらあたりの線引きはきっちりしてそうだし。お義父上。

そこで僕は勝手に考えたね。香夜ちゃんを城に上げる方法。


子どもできてりゃいいんじゃね?って。


将軍の義理の息子の子の母って立場だったら、城にもぐりこめるんじゃね?

正室はむりだろうけど、いつか将軍職につくかもしれない子のご母堂って立場ならいける! 俺様天才!

(妄想っていうんだね、こういうの)


いやでもそれじゃあ、縁君の正室になる誰かしらんどこぞの姫が可哀想や。


んじゃあ、こうすりゃいいんじゃね

      ・
      ・
      ・


 以下、次回のブログあたりで!





Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。