スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ピアノと僕とリコーダー

眠い目をこすりこすり、九十九くんを模写っていたのですがどうにもこうにも似ない。
似ないどころか左京さん寄りになってくる。※左京さん書いたことない。つか、鈴懸君と蛍ちゃんしかかいたことない。
えええええええってなる。
眠い

眠いけど課題図書?である某聖人についての書籍をそろそろ読みきってしまわなければ。
意識高い系すぎてついていけない。
言葉で飾ってるけどアレだよね。
冷静になってみてたら、話逸らしつつ納得させようとしてるけど突っ込みどころしかないですよね。
この宗教が伝来したとき、布教させようにも農民とか一般人のつっこみ激しすぎて答えられずえらい苦労した上追い出されたって理由がよくわかりました。
もう途中で実彰さん、なんでそっちいった(まあご両親がそうだったからねぇ)、戻ってこーいって全然関係ないこと思いましたね。叫びましたね、心で。

別に否定してるわけでも嫌いでもないんですけどね。
ちょいとお書きになっている方の意識が高すぎまして、わたくしにはついていけませんでしたわ。
ごめんあそばせ。

読み切るのつらかったわぁ。眠かったし。


「ピアノと僕とリコーダー」
音楽ラノベっぽいものっていうジャンルにしたよ。
Cubaceとあたらしいボカロ買おうかなマジで。SONARはどうしても肌に合わなかった…

全体構成を決めてから書き始めたわけではないので、多少おろおろしながらアップしてます。
5%くらいが実話。
僕も高校の時、音楽選択してたんで。だって笛と教科書だけでいいんだもの持ち物。
コイバナが実話だったら良かったんですが、そんなわけあるかいってわけで。

もうちょっとだけ、花ちゃん視点が続きます。
次回は「花ちゃん、初めて三月田君のお家へ行く。そして驚く」編です。
あたしも三月田君のおうち行きたい。

一人称で書くとですね、恐ろしいことに口調とか言葉の選び方がリアルな自分とモロカブリすることが多くって焦ることが多いです。
作品っていうのはどんなものでも、自分を切り売りしているところがございます。
(だからインプットが大切と言われるわけですね、消費ばかりだと枯渇する)
多分、性癖とかもにじみでてるでしょうね。ハズカシイ///
それを恐れていても作品完成には至りませんので、
それを含めても、除いても、作品をお気に召していただけたら嬉しいわけで。

ご感想およせいただくことがほとんどないので、アクセス数だけが判断基準となっているのですが
「アトモスフィア」含めて幸い増えておりまして。ありがたいことでございます。

あ、でもご感想聞かせてくださってもよろしくってよ! よろしくってよっていうか、むしろひれ伏す感じでお寄せ下さいましです。
なろう内でなくても全然オッケー! ついった@khronos442 までお気軽にどうぞ。
おっぱい星人ですがお気になさらず!

ではまた。
ああ、今日は即興小説トレーニングでバトルですね。
多分参加しますのでよろしくです。



スポンサーサイト

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

「剣が君らくがき」日記

画集のカバーをとったら女の子が出てきた!!

今度こそ本当に女の子だぁぁぁ


一番左がキツネ、つぎがハバキちゃん

あと……誰……?



(主人公と服部半蔵と蛍ちゃんの許嫁と幼なじみとおねえちゃん或いは向かいのおばちゃんのどれかだと思われ)



知識と教養のため、なんとなく模写ってるんですが、
蛍ちゃんが似なくて似なくてすごい時間かかったわ。
挙句写真撮ってついったに上げたらおかしいとこいっぱい見つかってイヤンだわよ。

寝る前にちょこちょこ直したけど

こんな消しゴム使ったの久しぶりやわ(怒)!

主人公の家族に認められたくて超がんばる蛍ちゃん超かわいかったわ。
ほんっとこのツンデレかわいいわ。
中の人の演技と相まってめちゃくちゃよかったとアタクシ思いますわ。


けんがくん1-29

一見、そこそこ描けているようで
見る人が見れば一発で「こいつ、絵を描くの苦手だな」とバレるこの筆致。
その通りだから返す言葉もないわ。

ではまた。
今日もそこそこがんばります。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

最近はこまめに文章を書いてるよ

最近はまめまめしく
「アトモスフィア」短編集
「ピアノと君とリコーダー」を更新しています。

1人称だったり3人称だったり。
いろんな人物を書いています。

モニターで確認して、文字配置とか、漢字の使用量とか考えてます。

すごくゆるい人から
こいつ固いなあってのは、文字群を見た瞬間、感覚的に感じていただけると思います。

ピアノ~では、主人公の男は比較的ゆるくて柔らかい人間で
女性側は「女」の冷静さを如実に出しているなあって自分で「女編」を書いてて感じました。


僕、生徒学生時代に演劇コンクールに駆りだされたことがありまして
演技したわけですよ。
文章を書くときって、その時の感覚に似てるなあと思います。
キャラクターになりきって書く、というと大層なことと思われるかもしれませんが
そうでもありません。
文章を書く際は、物書きさんはおそらく、無意識下に近い状態で書いているじゃあって僕は考えています。
計算するのは書く前後。
3人称であっても。
降霊術のような、自動書記のような。

だから別人みたいな文章になるんだと思います。

全部通しで見ると、やっぱ僕の作品は僕でしかないんだけれど。


今日の短編集は、22時ごろに即興小説トレーニングでは「未完」となってしまった作品を大幅加筆修正で書き直したものを。
そのあとピアノ~の更新をします。ピアノは、三月田君が大好きな、花ちゃんの回想です。

どうぞお楽しみに。

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記18 刀剣まつり

刀剣まつりやるんだって。みやこめっせ。

前に居合刀の見立てをしてもらおう!ってお友達と行ったんだけど、

……求めていた刀剣まつりではなく、すごすごと引き下がってきたアタシタチ☆


今回は演武とかあるみたいだけどどうなのかな? どんなのなのかな?
あなただけの刀剣拵えます、職人さんとの間をつなぎます、みたいなのもやってくれたらいいんだけどなぁ。


ぼちぼちもしゃもしゃ。
ミリシャのコーンビーフは美味しいなあといいつつ、ファンネルばんばん飛ばしそうな天狗に育てられた子を
模写ってみた。
けんがくん4-28
すげー投げやりな花……

読さんの、あの髪の質感をなんとか再現できるようになってみたいなあ、と思っているんですがねぇ。
自分で言うのもなんですが、絵を見る目はそこそこあると自負していますが、描く方となるとてんでだめなもんで
(すげーこいつぜんぜんだめだぁぁ、まるでだめだって絶望の目で見られたことが何度も)
敢えて晒して恥かいて成長しようという作戦です。
女の子が美脚を目指し、わざと短めスカートを履いて足を人目にふれさせるのと同じ理屈でござるですね。
何卒お見守り下さいまし。

使ってるノートは5ミリグリッドのやつです。
横罫線のみのノートって今ひとつ好きになれず、授業で使うのもセミナーで使うのもいろんな案件考える時も
基本このマス目のやつ使ってます。
縦横の線が横罫線のみのよりも鬱陶しくなくって、白紙より楽しくっておすすめです。

多分、横罫線だとそれに従って書かなければ美しくならないけれど、
グリッドタイプだとフリーダムだからなんじゃ、って分析してます。


あと模写してみたい作家さんは、えーっと、今は特に思い付かないや。
しばらく剣が君に浸ります。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記17

久しぶりにあった人に

「剣が君」の元ネタになった史実について語られてしまいました。
そんなんあったんや……



えーっと、ちょっと待って下さいね?
僕、このアカウントはリアル友達に一言も漏らしていませんよね?
ゲームは「ポケモン」をやったことがある、ソリティアとかたまにする、くらいしか話したことないですよね?
まんがの話もほぼしていませんよね?
同人で知り合った中でも、こっちの垢は数少ない人しか知らないはず、ほぼ墓まで持っていくつもりなのよ?


なんで突然語りだすのか、君は。それも今、この時期に。

(日本史世界史の話はよくするので、偶然だと信じたい)


ドキドキした。



デッサンの授業もはじまりそうだし、「剣が君」の模写とかしようかなあ
1冊こつこつやってたら、デッサンとはまったく違うけど、多少は腕があがるかもしれんなどと思い

第1弾

れんしう1


ブレとるがな。
画集の後ろの方のおまけ集にあった実彰さん。なんだこの二人めっちゃ仲良かったんや。

もうちょっとがんばるわ

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

シュタゲ日記3

プレイ時間1時間44分

なんか神社にきました。

女の子がいました。

「だが男だ」

どこからみても女の子です。ついでにいえば声も女の子です。

「だが男だ」

ええ、剣が君につづきまたこの仕打ですか。

「だが男だ」



どうみても女の子なのに男だっての多すぎます。今年多すぎです。
もういいよ、世の中みんな男になっちまえ!
どうにでもなれやあああああああ。


声が聴いたことあるなあと思って調べました。
服部さんでした(「クラスルーム☆クライシス」)。
この方ってお綺麗なのに変なので有名なんですよね。純粋発言が危なすぎるとか。

……大好きです。


この方の声だけで、最後まで完走できそうです。


おやすみなさい。

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

エプロン

医者エンドの鈴懸くんのエプロンがかわいいな、いいなあ欲しいなあ
袖がないけど修行(ダストまみれになる)の際に着用したいな。

小千谷縮っぽいな。

ちょっとまって、小千谷縮でエプロンとか縁くんの財力くらいないとできねーよバーカバーカ

と落ち込みながら「ヤフオク 反物」で何千点かチェックしてました。バカですね。

小千谷縮っていうのは着物の布の一種で、あんな感じのものです。
なんでこんなの知ってるんだろう、と自分でも不思議ですが
「美しいキモノ」
とか見てるからなあと思います。
これみながらクロッキーしたりしてるから。


女性向け流行モノなんかも結構詳しい方です。
随分と女性相手の仕事をさせられてきたもので。
不本意だったけど、ソレに関してはかなり否定的な立場だったんだけど、
技術的には興味があったのです(知らぬ技術は見てみたいタイプです)。
今は老若男女相手の仕事オンリーにもどりました。

ただ、今修行している仕事とは全く関係ない場におられるのはほぼ女性で
余裕と知性と知見のある方が多く、高齢の方もかなりの割合でいらっしゃって

話題についていくために様々な知識をかき集めているところです。


反物についても。


詳しくなくても、ああ……そうですか、って言えるくらいには。


自分が無知であることを思い知らされるばかりですが、
知らない、ということは、

知る、という楽しみに満ちていることで


それはそれでとても素晴らしいことだと思います。


僕は、ずっと
知るってことを続けていきたいと思っています。




えーっと、フィギュア知りたいんですけど……



Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記16

文豪 谷崎潤一郎作品を読みながら考えていたことは

鈴懸くん、モビルアーマーだったら何に乗ってるかなぁぁ……


なるほどふむふむと思いながら読んでたよ?
読んでたけどね!

人にはCPUが複数台載ってるんだよ。
その内の一つでそんなこと考えてても別にいいじゃない。

彼ならめっちゃファンネル飛ばせそうだよなあ。
そうだ! キュベレイだよ。天狗に強化された人間なんだからキュベだよ!

緑色のキュベレイ!


何その量産型色。


写真↓はうちのさっちゃん(虎徹タイプ)と、スーパーで売ってるお菓子のおまけの虎徹。フィギュアのおまけがお菓子やんっていうあのシリーズです。

こてつ

なんとなく九十九君っぽい反物あったなあと引っ張ってきました。
浴衣作ろうと思ってそのままになってた。


さて。画集をゆっくりゆっくり見てます。
絵巻弐ってのから見てます。

ところどころ、これは誰ですかってのがあります。すごい考えた。
本編でみたことない顔なんだもの。

多分、仮面とったゼクス・マーキスもとい、カルラだろうなあ。
多分、家光公と弟だろうなあ、とか。真夜中、黄色い灯火の下で鑑賞しております。

ところで家光公はじめ、彼らが身につけてる裳みたいなひらひら布ね、あれね

CLUB HARIE……
分かる人には一発なんだけれど
もうね、気づいちゃったらクラブハリエにしか見えない(苦笑)
どっかで見かけたら笑って。
あの柄、超どっかで見たって。箱の柄一緒だから。


もう、さすが徳川家。お目が高~い。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「陰翳礼讃」(谷崎潤一郎)読んだ話

たまには普通の本も読みます。

昨夜、シュタゲが10分しかできなかったのは、寝る前にこれ読みきってしまおうと思ったからです。
2時回ってたし、今日も仕事だし、……ってことです。


わかりやすくいえば「陰影」を「礼賛」してる随筆です。
方向変えて言うと、わびさびに近いものがあります。白黒、光と影、その美。
言いたいことはわかりますよ。
わかりますけど

この人、トイレにこだわりすぎですよね。

表題にもなった「陰翳礼讃」でもそう。
後にあらためて「厠特集」もやってます。

時代的なものもあります。
そうですかぁ? そうでもないですけどぉ? みたいなとこ、たくさんあります。

いや、言いたいことはわかってるんですよ? 

今の世にこれが出たら炎上してるわ発言多数。


そういう意味もこめて
時代だなあとつくづく感じました。

文学的なことはあらためて振り返るいい機会になりましたけど。


ぶくろぐにも書きましたが
たとえば桜やお寺のライトアップ。
僕にしてみれば幻滅です。美が台無しになっていると思います。
もったいないなあ、とつくづく感じます。
谷崎が生きた時代は、「光」の進化(変化)がすさまじく、僕らが感じているよりももっとはげしく目に心に写ったんでしょう。

昭和の次の時代はこんなんだよって知らせることができたなら

「待て待て待てー! なんだこれはあああああ!」

と憤慨する姿が見れたことでしょう。




あとこの本で言えることは

「ねこだいすき」


Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「シュタインズ・ゲート」PSP版日記2

くやしい。10分しかできなかったワッ

(突然ですが、短編小説更新してます。 こちらからどうぞ)

細かいこと苦手なんで、メール受信とか正直「ニャアッ」ってなります。
この先きっと、謎解きみたいに数字やらを押して行かないといけないこともあるでしょうが
その時は

攻略サイトみます。

いいんです、このくらズルしたって。

こうでもしないと進めないんですから、僕レベルになると生半可なことではクリアできませんよ。


今は主人公が通報されそうになったとこまで。
くりすちゃん? の服めくってました。

誰かとーめーろーよーぉぉぉ!
乙女の柔肌、こんな奴にみせてはいけませんいけません。

画面上には女の子の顔しか出ません。
柔肌出ません。
なんてこった。

ストーリーは、時間軸のズレがはっきり表現されてきてます。
ここからですね。
わくわくはここからですね!


人工衛星が原型とどめたまま落下ってのは、
かなり低い位置から落ちたってことなのかしら。
時空を超えていなければ、そういうことになりますけど、
超えているんでしょうねえ……


Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

「シュタインズ・ゲート日記(PSP版)」1

「シュタインズ・ゲート」PSP版 予約して買ったのはいつの頃だったろう。


今、プレイ時間「1時間11分」

女の子が死んで、衛星が落ちて、バナナがゲル化してるところです。


今年に入ってから、すごろく(銀魂)・BL・乙女ゲー? とプレイしてきましたが

なんというかやはり

ニトロのテキストってめっちゃ読みやすいのな! 抜群ですな! 今更いうのもなんだけどな!
抜群やな。
なにがどう違うのかよくわかんないけれど、
漢字ひらがなの割合とか、句読点のうちかたとか見てるけど
特別なことはされていないのに、大層読みやすいのな。
プレイヤーに負担の少ない文章構成といいますか

主人公がイラッとするくらい変なやつなんだけど、テキストだけ読んでたら
鬱陶しさが激減するの。
すごいね。

あとはそうね……デブが意外とまともそうね。


おそらくまだまだ序盤中の序盤なんでしょう。


こっから先が楽しみです。


Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記15

ついにOPまで見ちゃったよ。

なんで声優さんが歌ってんの?


剣が君


今となっては手に入りづらい豪華本も新品でほらこの通り! ほらほらほら~(自慢)
右上の鈴懸くんなんて、

「白い仮面を被った謎の男(強い)に育てられ、モビルアーマーを駆使し戦う強化人間」

にしか見えなくなって


もうどうしようってなってます。モビルスーツじゃないんです。モビルアーマーじゃないといけません。
これはいけません。

一緒に写ってる刀は、僕のです。本の特典とかそういうのではないです。
「さっちゃん」
って呼んでます。
ういやつです。

スイカとか、頭蓋骨とかなら、頑張ったら割れると思います。

日本刀って集めだしたら止まらないだろうなあという確信があるので
手を出さないようにしてきました。
奥場所もないし。
まず引っ越さなければだし。

うっかり引っ越してしまったら、日本工芸部屋みたいなの作ってしまいそうです。
和弓とか平安~鎌倉期の衣装とか、大好きですから。

「剣が君」がいいなあと感じたのは、女の子(男の子でしたが)かわいい!ってのと
和服の描き方が好きだったからですもん。あと刀剣。と、神社。


鈴懸、モビルアーマーに乗せたい……超乗せたい。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記14

昨日書いたブログ、下書きのままで投稿されてなかったゼ。


ひょっとしてだけど、僕「剣が君」すげー好きじゃね? とか思い始めました。
OP以外、多分全部見た。
全部クリアしたと思う。
ED忘れてたやつあったけど。ごめん、赤。

人物詳細も全部見た。

二次創作もびっくりなアレ? アレ? な
いろんなおまけな。
おはようからおやすみまであなたを見守る剣士たち。

たまに泣く。

夜中、水面に映る自分の姿見て引いてる実彰さんとかな。

めっちゃかわいいやん。

よく考えたらこの人、10歳くらい年下の嫁もらうのな。
羨ましい。



さて、「王位をかけた世紀の恋」というより
職務放棄した赤こと縁くんですが、なんで俺様、コイツにだけ冷たいのか
途中で音声オフにしてやろうか!ってくらいムッとしながらプレイしていたのか

セリフもちゃんと聞かずに(読みはした)バンバンクリックしてすすんでいたのかわかった。
※おじゃる丸の時は愛らしかったと思った


気に入った子をカワイイカワイイって
おかしいだろってくらいの可愛がり方するのが

自分にそっくりだった……これか、噂の同族嫌悪(笑)


ロランかわいい、ロランかわいい、めっちゃかわいい
と、御曹司並にカワイイカワイイしてるのを
お嬢さんに置き換えたら

まんまやん……。手を出そうとはしないけど。
相手2次元だし。わかってるし。大人だもん、それくらいわかってるし。
おむかいさんくらいで見守っていたいなあくらいの程度です。
一日中カーテンの隙間からのぞいていたいなあ、程度のかわいいものです。


あーあ、これで全部みちゃったかぁ。
あとは本が3冊ですね。

続編が楽しみです。
続編というより過去編みたいですけどもうどっちでもいいです。


終わっちゃったので、今日からPSP版シュタインズ・ゲートです。
女の子が死んじゃったところまでやって放っておいたやつです。

明日のブログはおそらく「シュタインズ・ゲート」日記になるであろう!

あろう!

あろ……う?

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記13 ネタバレあるようなないような

「ピアノと君とリコーダー」もうすぐ更新です。
まだ推敲してないんだ……

短編集はさっき更新しました。
毎日毎日、よくやってるなと思います。でも、気に入っていただけたら嬉しいです。


あまりに眠くて、人物詳細にまだ目が通せていません。
サブキャラは全部見ました。
主要6人、各9ページあるとかどんなだよ!
なんというおまけ充実ゲームなんだよこれ。

劇中も「演劇かよ……」ということがよくありましたが、
人物詳細はまさにそれ。
違う世界の住人生活を覗いている、というより、現代において演劇を見ているような気分。
(そういえばお父さんの人物詳細なかったワ! 千早ちゃんは見たかったなあ。人物詳細で見たかったなあ)
シナリオがもう現代そのものでしたものね、時代感なかったですからそういう方向性だったのだと思います。

多少ショックだったのはあれですね。
左京さんって宇治の人だったんですね。
山城の国、宇治……。まあ確かにそうですけど、うん……そうか、宇治か。
宇治は京都じゃない、奈良だと言ってる人がいましたけど、さすがにそれはないと思うな。
宇治十帖の立場がないやん。
(伏見は大阪らしい。淀は大阪だけど、伏見はギリで京都かなあ)
なんてことを暗闇の中プレイしていて考えてましたよ。

その他、各エンディングにおける感想。ボイス付き。
「僕、死んじゃったけど。悲しませてごめんねぇ」

とか、気が抜けますって(苦笑)


それで僕、気づいたんですけど!

蛍ちゃんの衣装!

あれアカン。あきません。
横から中身見えますやん。
なんだっけ、袴のサイドスリット。あそこから見えますって。
ただでさえ太腿ナマ足ですやん。めっちゃ色っぽいですやん。
触りたい肌NO.1なつやつやですのに、あれはあきまへん。

設定が男で、声優さんが男だからってダメですって。
(いや、すみません。彼も女だと思ってました。パッケージ段階で)



……多分、みなさんと違う楽しみ方してましたね。
それはそれで、楽しんでたので良しとしてくださいまし。
続編も買いますから!

そうそう、ピンク鬼と黄緑鬼もなあ。
人間に恨みつらみあったみたいだけど
なんかもっと救われるようなEDがあれば嬉しかったなあ。
最終的にみんなで仲良し、みたいな若いエンド。それこそ和御魂。


続編では近江山の鬼、救われるのかしら。
毎度打首やら復讐による処刑やら試合中に首が飛んでいくとか悲惨なのしかなかったんですが。

悲惨といえばツインテール美人の鼓さんと七重さんのハッピーエンドも少なかったですね……
江戸の町で穏やかに暮らすENDって1/24でしたよね(徳川家に知られぬまま長屋END)。

容量やら構成上、いろいろあると思うのですが、
救いを


あ、そこで出てくる二次創作ですか(笑)

いいですね、考えとこー。

時々乙女思考になってる気がする。大丈夫かなあ……






Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「ピアノと君とリコーダー」

ふと思い立って、「小説家になろう」ってサイトにおいて「ピアノと君とリコーダー」というのを書き始めた。

音楽は好きってわけじゃない。
そういう範疇をこえてると言えばいいのかな。多分大気とおなじレベルで僕の周囲に存在してる。
キーボードをたたくことも、
空から落ちる雷鳴も、
鳥の声も
多分音楽。

主人公は音楽家。主に作曲をしてる。
彼にはずっと支えてくれている女の子がいて、つかず離れずの関係。

現在と過去とを取り混ぜながらのほのぼのとした日常を書こうとしています。

音楽やってる人は僕の人生でたまに出会っていたし
選択科目音楽だったし(道具が笛1本でよかったから楽だなと思って)
そこらへん活かせたらなあと思ったんだ。

彼はボカロPって設定だから、かこつけて僕も久々にボカロ起動させてみるかぁぁなんて思ったりもしてますがまだしてません。

もう少しだけ、生活が落ち着いたらとりかかろうと心のなかで計画を練っています。


おかしくなっている間、現実逃避にボールペン絵だっけ、かんたんに絵がかけるよ!ってのをほぼ1冊クリアしてたり
親戚の子やこどもたちにねだられてポケモンの模写を延々としてたりの効果でしょうか
多少見られる絵がかけるようになってきたので(ポケモン模写はマジ勉強になった)
絵も書こうかなあとか

まあいろいろね。
やり残しのないようにね。


やっていきたいですね。


ついでに
ロラン・セアックと
15歳姿の九十九丸くんと出会ってみたいですね。
前者は遠くから見守っていたいし
後者は餌付けしたいものです。


そんな妄想を抱いていたら、変態という名の紳士と思われそうなんで


出かけてきますわぁぁぁ

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

「文章を書くということ」

課題やらなんやらで、文章について考察することが多い4月。

SNSなどや本屋さんでみかける日本語に関する本はしばしばゲットしてきたんですが
きっちり読み切ることが少なく。
結構頭がわやくちゃになるんですよ、文章とは単語とは、とゲシュタるというか。

そういうときは本を読み始めた幼少期にまで遡り、
良本とされるもの、口語文の夜明けである明治の文豪、等のを読んだ頃までのうみそリセット。
すっきりしたところでまた文章に向かう。そういうことをしています。
現代の文は本当に本当に雑多だったり、あからさまに間違っていたり(誤字含め)
ちょっとまって、それアリなの? わざとなの? え?
ってのに出会うことが増えてしまっているから。

僕だって雑多な文章を書くことはよくありますよ。否定出来ないです。

でも、美しいものを知っていてそれを崩すのと
ただ下品なのは違うから。

普段は美しいことばに出会っていたい。

永年ろ過され、こなれ、生き残ってきたことばと触れることは続けていきたい。


それは万葉集に綴られた思いであったり

古今新古今におさめられていたり

文学集にまとめられていたり。


まだ言葉に明確な階層があった頃の、凛とした世界に存在した言葉の数々。

消えかけている美。


僕はそれを芯に取り入れていたい。


美しい物に触れ、染み入るようになじませることは、そういう心身をつくり維持していくのは
人として生きていくのにとても大切なことだと思っているのです。
自身にも他人とっても有意義であると考えています。

ずっと、死ぬまで。魂が消えてなくなるまで。

僕はつらぬいて行くことと思います。
仕上がりはご覧のとおり結構出来損ないなんだけど、物心付く前から続けてるから。

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記12 びっくりした

「剣が君」メインストーリー全クリア。


九十九君、緑ルート赤ルートなんかびっくりしたわ。
お師匠、なんのために出てきたのwww
何この犬死ww

お札はなんだったのww

みたいな。


「うわああ、マレビトさんは現世でお嫁さんさがししてたのねぇ」って
とても砕けたつもりで言っていたら

マジだったのかよ……


みたいな。


マレビトさんも慌てずの、あと何十年かしたら勝手にヒロインも黄泉平坂下るんだから
穏便にすればいいものを(それが黄色ルートだったか)

後日談(九十九編)半分しました。電源切れました。

九十九君が店頭に立つように鳴ってからお客さんこなくなったんなら
下げろよ……
何店つぶしてんのよ…

こんな束縛DV夫いやだわ。

さっそうと現れる王子様、鈴懸くん素敵だわ。
邪魔者がいなくなった今、もう鈴懸くんに乗り換えちゃう☆

いつのまにかお父さん視点から乙女視点になっていたわアタシ。


これから残り二つの後日談(青・黄色)見て、
本屋さんにもらった絵巻物? に入ります。


続編では家光公のお話が入っていればいいのになあ、なんて思ってます。
いつ発売なんですかね?


切られまくった九十九くんをかばい、緑鬼と戦ってた柳生のおじさんって

もしかしたら一番刀を軽く凌駕する力量だったのかしら。

家光公は実彰レベルなのかしら。

そんなことを思いつつ。



全部ぜーんぶ終わったら

「剣が君」風の着色イラストを描いてみようと思っています。
今線画さがしてるよ。
時空警察のアレな線画は全部とってあるからね……
ナカイ君(カエル)のは色鉛筆着色してあるしどうしようかなあ。

Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記11 ネタバレあり

「剣が君」青ルート終了。

そういえばまだOPみてないわ……
ED見る限り、九十九君と蛍ちゃんが活躍してるみたいなんだけど。


青ルートでは天海さんがいい人ってのと
十兵衛おじさんはとんでもなく強くて人がいいということを改めて実感させられました。
柳生のおじさんと家光公はなんかすごいっていうのがわかります。

このルートでは九十九の実親について言及されていなかったので
三途の川でもお父さんはやってきてくれなかったですし
離婚の原因もわかりませんでしたし
おかあさんは今どうしているのかも謎のまま。

遠野の旅籠父からの紙切れ1枚で、実家のことを完全に頭から排除してしまった九十九君……
自身の生死がかかってるからアレなんだけれど、
当時の跡継ぎ感をバッサリ切り捨てているところ、豪快です。

あと、「ごめん、九十九死んだし」「火葬だし」というのにびっくりしながらも笑いましたね。
最初から死体だった九十九君、どんな名医が見ても死体は死体。生き返ってびっくりしたでしょう、神威くんも。
天海さんに見てもらえや! ヒロイン頭使えや!
とかね、無粋なこと考えてましたよ。

いやあ、横たわっている九十九君もそれはそれでキレイでしたなあ……


九十九君の嫁にだったらなってやってもいいよ!
いやむしろ嫁にしてやるよ! 




そんな気分。







Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「アトモスフェア」

思い立ってこちらで短編小説を連載しています。
ネットの発達にともない、作品発表の場が広がるのは嬉しいですね。
コミケ行かなくてもいいじゃん、みたいな。

年2回に合わせなくとも、季節やその日の出来事に沿って作ったものをUPできるのはとてもありがたいものでございます。


こちらは「即興小説トレーニング」というサイトで書いたものに加筆修正したものがほとんどです(一部書き下ろしあり)。


数年にわたって書いていたのですが
まあ大層体を壊していた時期が長く(段々それが当たり前になってきてようわからんですわ)
本当におかしかったときは文章にもあらわれていまして、
仕事で書く文章の場合は間をおいた後々ガンガン推敲するので表面化しづらいのですが
ここではそうはいかず

加筆修正っていうか、根本的に書きなおしたほうが早くね?
ってことが度々。

今はあれはネタ用のメモだったくらいの気持ちで開き直って修正してます。
そうでないとベッドの上でバタバタすることになりますもの。


自身で気に入っているのは
第2話 闇と栄光
第7話 靴
第13話 靴下
第15話 家族旅行 あたり(現在第15話まで掲載中)


第13話は、書いてるうちに

え?
ちょっと君、机の上の写真って誰の?
その靴下、ほんとうにあんたの??

と、途中から恐怖に包まれて書いていたものでございました。
(書いてる本人には流石に部屋の隅々まで見えていますから)

こわかったー。ほんとうにこわかったー。



小話を書いていると、たまにこういうことがあります。

逆にほっこりほんわりすることも多いです。

お話というものは作るものではなく生まれてくるもの。
書き手はあくまで受動的。

さっきまで知らなかった世界を覗き込んで
受けとめた何かを
言葉に変えて
この世に生み出す。

その繰り返し。


もちろん個人差はあるけれど、
作らないといけない場合もあるけれど、

お話の泉を覗きこむことで、あふれる水を浴びることで
ストーリーは生まれる。

のじゃないかなって思ってます。僕はね。僕の場合はね。



夜も更けてなんかだらだら書いちゃった。ごめんね。

じゃあ、また。

佐藤でした。

Tag:お話  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記10 ネタバレあり

「剣が君」
(この期に及んでまだ「けんがくん」と読んでるわ……)


九十九君黄色ルート終わりました。
ちゃんと終わるんか、もう第6章だぞうとか思いながら進んでいましたが
うまいこと終わりました。

……九十九くん、ほんとにその子でいいのか。
あばずれヒロインでいいんか。
あのヒロインに、こんな気立てのいい子は勿体なすぎるキィィィィ!!! とかなってました(笑)
ほんといい子。
いい子といえばロラン・セアックと相場は決まってるんですけど、負けないくらい九十九くんはいい子でした。
鈴懸くんもいい子ですけどね、あの子はまだ子供じゃないですか。
九十九くんはもう少しお兄さんな感じでしょうか。


ヨモツヒラサカに三途の川はなかろうなあ、とか
まあ根本的なとこはスルーしないと話すすまないんですが、
おとうさん助けに来てくれるんじゃないかなあとか思ったんですよ。
結局根の国の神様いい人で終わってましたけど。
根の国の神様に悪い人はいないもん!

つか、そもそもヒロイン清らかじゃないよね?
遠野への道程でもう清らかじゃなくなってね? って思ったんですが、相手が半分マレビトさんだったからそういうのはもう関係なかったんだろうか。マレビトさんがこっちでお嫁さん探ししてたと思えばなんてことはないんですよなあ。

まあそんなことを考えながら、夜中ずーっとクリックし続けていたんですなあ。
端からみてたら怖いですよね。
あぶないですよね。
誰にも見られたくないですよね。
場面転換等で一瞬真っ黒になる画面に自分が写ってしまうのも恐怖ですよね。
自分以外が写っていてもなんかいやですけどね。


九十九君ルートを最後までとっておいてよかったです。

今日から青ルート攻略、いきます。



Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記9 ネタバレあり

積んでる本がたくさんあります。
以前のように1日1冊ペースくらいで読めればいいのですが、なかなかうまくいきません。

インプット回路が錆び付いているようです。

少しずつサビ取りして、以前のように活字がすんなり頭に入ってくるようつとめていきます。


……ってこのくらい頭に行をとっておけばネタバレもある程度回避してもらえるかな。



やっぱ死体だったじゃん、マレビトだったじゃん、九十九丸!
(まだ最初の黄色ルートやってます)

ずーっと前に「装甲悪鬼村正」してたときも、あれ?ってネタバレなことに気づいたりしましたが、
制作陣がしっかり伏線を理解して、それを含めた構成にしていると
読んでる側も自然に気付くんだなあ、そういう風に作ってあるんだなあって感心したんですが、

「剣が君」も、ところどころシナリオとしてどうやねんとひっかかるところもありながら(ほとんどが言葉遣いだけど)
スッタフ間の意思疎通ができてるんだどうなあって感じました。


これは男6人を手玉にとるゲームなわけですが、最後に攻略した九十九くんで初めて男の子だ!この子って思いましたよ。
(イラストで、この中央の黒髪の少女カワイイやん……が購入動機の一つだっただけのことはある)

他の5人は女の子かお姉さんにしか見えなかったもん。
もうかわいいかわいい。男の子としてかわいい。
近所の子犬みたいにかわいがりたいくらいかわいい。

(九十九ルートでも鈴懸くんはやっぱりめちゃくちゃいい子……)


こんなにかわいいのに返信たらトンデモイケメンになって、ときめいてしまいましたよ。変な世界入り込みそうになりましたよ。
あのルックスは惚れるわ。


で、お父さんは甘いのかアホなのか娘の貞操を全く気にしていないのか、九十九君ルートでもあっさり二人での遠野行きを許してしまってました。
……いいのか、男親それで。
近所のお姉さん(美人)とよろしくしたいから追い出したのか。
まあいい。
もうこんな程度では驚かないぞ。


と、遠野につきましたよ。
縁結びの神社に行きましたよ。
九十九君のイベントイラストかわいい。
かわいいなあ。
さあ、師匠んち行こうか。


びっくりした。
もう驚かないぞ、と思ってたのにびっくりした。


師匠、若っ そしてイケメン。
遠山金四郎レベルのイケメン。

人のよいジジイだとばかり思ってたら、イケメンだったよ。
日本版、ヒュー・ジャックマンくらいいい男。

いいじゃんいいじゃんなんて進めていたら
まさかのヒロイン

「九十九くんとは男女の関係」

って衝撃発言。

おとうさんびっくりしちゃったよ。
(お父さん視点プレイなもんで)

前からちょっぴりアバズレだなあとは思っていたけれど
まさかこんな発言するほどだとは。おとうさん泣いちゃう。


まあ二人で旅に出たとなると嫁に行ったもどうぜんだし、
二度と江戸に帰ってはこないかもしれないし? 当時の条件ではね?
そりゃあ覚悟はしてましたけど、もう少しこう、オブラートに包んでお上品に返すとかあるでしょ?
言い方ってもんがあるでしょ?


なんとも言えない気分で、三角ボタン押してセーブして電源落としましたよ。


ヒロイン……おそろしい子!!





Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

本を読む時のこと

こんにちは。佐藤です。

ふらっと新作書き始めました。
「ピアノと君とリコーダー」
今まで書きかけて方って置いてるっぽいやつもこっそりちょこちょこやってます。
できたら発表しますね。

さて、日々Vitaさんと戯れている日々です。3分でも5分でも進めてます。
そのプレイ中の「剣が君」にまつわる書籍、今手に入るものは全部揃ったと思うんですが、まだ全クリしてないし巻物読んでないし、でしまってます。

家光くんがあの美貌で見た目の若さでやり手で、彼の話が読みたいわってくらいなんですが、
公式みたら人気みたいですね。
ふと読み方について考察してみたんですが、黙読してるとき「家光」は「いえみつ」って読んでるんですね僕。
これって自分ではたいへん珍しい事象であることに気づきまして。

黙読してるときって、読むスピードが相当速くなることが多いんです。当たり前だけど。
というわけで、人名や固有名詞なんて正しい読み方することは本当に少ないんです。
人名でいえば「信長」はほぼ「の」だし、「家康」は「いぇ…」だし。バーナビーは「バー(バーナビー/副音声で地文とかぶりつつ)」でしたね。
中高生の時、友達と話してて「帝」って「てい」って読むよね……「みかど」なんていちいち読んでらんないよねって話をしたことがあるんですが、他の人もそうなのかなあって少し思って。

あんまりにもめんどくさい長い名前だと、別の音に変えて読む場合もあります。
「少年十字軍」っての読んでるんですが、メインキャラに「エティエンヌ」君という名の子がいて、……めんどくさいでしょ?
だから脳内で何かの音に置き換わってる気がするのね。
「エ云々」と同時に別の音が。

詳しく書けば書くほど、お前病院行けやとか言われそうなのでここまでにしておくけれど、
僕みたいな読み方してるのは僕だけじゃないだろうし

「ああわかるわー」って人も結構いるだろうし。
この辺りでやめておくね。


で、前述の「ピアノと君とリコーダー」というのは作曲家の25歳の日常です。
若くして成功しているんだけれど、隠れてボカロPをやってる男が主人公。
彼には高校時代から頼りにしてる女性がいて、確実に彼女のことが好きなのに踏み切れないでいて。

ボカロなんて出始めた時にいじったことくらいしかない僕ですが、
これを期にコラボ的なこともできたらいいなあと思ったりしています。
ずっと休んでいた間に、簡単な絵の勉強もしましたし。

できない部分はどなたかにお願いして。

思い通りにはいかないでしょうが、できる範囲でいろいろやっていきますので
今後共どうぞよろしくお願いいたします。

Tag:お話  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記 8 ネタバレあったり。

近頃毎日「小説家になろう」ってサイトに短編上げてます。
「アトモスフェア」佐藤健志 短編集
「即興小説トレーニング」で書いたのを加筆修正したもの。
今日は恋する中学生のお話を。
オタクdisってるように受け止められる方もおられるかもしれませんが、別にそういうことないですよ。
彼女のいる世界からはそう見えるだけで。

まあ僕もアニメ雑誌買い漁ってたときもありましたからね……
ギャルゲ雑誌とかもね…
コスプレ写真集に出演したこともありましたからね……
コミケ会場でめっちゃ囲まれてましたわww  

そんなこともあったなあ(遠い目)。



まあそんなことはどうでもいいっす。

「剣が君」左京さん 黄色ルート寺子屋END終わりました。
これが花嫁道中のみなさんが一番穏やかに終わった編じゃないかなあ、なんて思いました。
旧鷺原家 家中はブチギレてるでしょうけど。

左京さんは寺子屋の先生で充実した人生送りそうだし
天使の診療所は繁盛してるし
実彰さんは花を愛でてるし

九十九くんはひょっとしてだけど死体じゃね?
胃がパタリロだけど、そもそも死体だったら腹をこわすわけもなく。毒もきかないやん??
つかもうマレビトじゃね? 肌の色とかいっしょだよ?
なんて疑惑がふつふつと湧いている昨今。
マレビトさんはイケメンなので、もっと出てきてくれていいのにな。

鼓さんも七重ちゃんも幸せになってくれそうだしね。

そんなところでしょうか。
(後日談は4つのルート終わってから読むようにしてます)

いやあそれにしても飲み会で羽目を外した面々がよろしかったですなあ。
鈴懸くんがどっからか拾ってきた子猫を見たかったです。見たかったです。見たk…


残る緑ルート、今夜プレイします。はい。






Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記7 ネタバレありますの。

さっき書いたやつ。
推敲とか全くできなくってごめんなさい。そのうち「小説家になろう」で完成形を披露できるかと。


「剣が君」 左京さん 青ルート終わりました。実況は昨日のツイッターで。

ええっと、これはハッピーエンドなのかな?
二人で仲良く地獄堕ち。

今回も鈴懸くんの天使っぷりと蛍ちゃんのいい子っぷりが際立っていましたねぇ。
あの二人なんなの。すごい和むんですけど。

妖刀村正のせいで殺人鬼になった左京さんを探す花嫁道中の皆様方「徳川が見つける前に俺達が!」 徳川のスパイ混じってますよー。そこの赤いやつーってハラハラするわ。
しっかし近所の子を手にかけるとは思いませんでしたね。
村正、いけない子!


さて左京さんの大太刀、池に沈められておりましたが。
赤ルートにもありましたようにアレにはナノマシンが組み込まれているようですので、錆びること無く主を待っているであろうと思われまして。
村正さんが三途の川渡ってたくらいですから、蛍丸さんも主を求めて地獄まで二人を迎えに行くんじゃないななあなんて考えたりしてます。
操られて意識なく不本意な行動をとっても地獄なんですかね。
一旦落ちるとたいそう長いこといなくてはいけないので、定員オーバーになってるんじゃないでしょうかと常々考えています。
ああ、開拓団ができているかもしれませんね。地獄の版図を広げるため、落ちたひとびとが開墾しているとかあるかもしれません。

横道にそれました。

死を覚悟した左京さんの描写は結構好きです。
きれいに描かれていて。淡々と進んでいくところもいいですね。

近江山の鬼はそれなりに苦悩を抱えているかと思っていたんですが、ただの悪党で終わるんでしょうか。
ピンク鬼、美人だったので活躍してくれると思ったんですけどねぇ。


ではこれから続きを。

黄色ルートになるか、緑になるか。

VITAさんの充電もしたし!

がんばってプレイするぞー。





Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

「剣が君」日記6

Mr.ホームズのホームズおじいちゃんって、結局のところ魔法使いのままだったのかしらねぇ(女性関係的な意味で)
なんてあまりお上品でないネタから。


「剣が君」は左京さんの赤ルートを終えました。
うん、左京さん。女の子の部屋に居座るのはよろしくありませんね。
というか主人公、いくらけが人とはいえ連れ込んでどうする。お父さんは薄々気づいてるのかと思いきや気づいてないし。
あかんで、あきませんで。年頃の女の子が年頃の男の子を自室で寝泊まりさせてるなんて!(まああまりの美女ぶりに女友達~といいはることができたかもしれませんがねっ)押し倒されてましたよ。その気になってましたよ彼!

もうね、とっとと緑の天使、鈴懸くん(なまえおぼえた!)のおうちにさっさと行くべきでしたね。
ちゃんと治療してもらえるしね。
ほんとう、緑は天使だわ。
そして蛍ちゃんはいい子だわ……あの子ほんといい子。

赤ルートはハッピーエンドで、しまったぁぁぁぁ! となりましてね。
花嫁道中でのドSっぷりがどんどんと息を潜めていたので、こりゃらぶらぶ少女漫画ENDだろうとは思いましたけどね。

ほのぼのエンドは最後に回したかったんですよねぇ。
こればっかりはしようがありませんね。攻略なにもみないでやってますしね。
赤も山城の国まできっちり行くんですかね。そんなに城を空けてていいんですかね。
もしくは朝廷に密書持ってくとか裏の仕事があるんでしょうか。
こんなん許す家光ちゃん寛大すぎです。

それにしても彼の美少女っぷりは群をぬいています。
近所の子にまでお姫様といっしょ~みたいなこと言われてましたよ。
鈴懸くんのかわいらしさもすごかったですが、彼はムカッと切れた立ち絵はヤンキーのお姉さんにしかみえません。
セーラー服で反逆同盟してる子みたいですよ。
いやはやいやはや。

赤でほのぼのしたところで、次は青ルートです。
さっそく七重ちゃんが可哀想なことになっていました。
鼓さんが「妻」と言ってたから、清らかな乙女なわけあるかいとは思っていましたが、そんな……そしてそんな。
幸薄そうな子だったけれど、これはかわいそうです。

ところでもし赤ちゃんが女の子だったら、清らかな乙女の範疇に入ったのかなあとか考えてしまいました。
そしたら生け贄としていけるんじゃね?とか。 
だめなのかな。
第二次性徴期迎えたあとの女の子でないといけないとかあるんですかね。
ゲーム内で明示されておりませんでしたが。


んじゃあ続きやりますねー。



Tag:剣が君  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。