スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

どくしょかんそうぶん「楽園」宮部みゆき

こんばんは 佐藤です。

知り合いの女性が「模倣犯」を読み終えたときこんなことを言いました。


男ってどうしようもないわ……





「模倣犯」のスピンオフ作品である「楽園」が文庫化していたので読んでみました。
良くも悪くもここ10年くらいの宮部みゆきらしい作品と感じました。

人によって読む視点が違うと思うので、これはあくまでも僕が感じてしまったことということをご承知おきください。


物語の終わり、主人公である女性は終着点をみつけています。
彼女の依頼人である、息子を亡くした女性は救われました。
小学生の女の子もすんでのところで「引き戻された」とありました。

一見大団円を装ったような終わり方でした。


それにしては読後感にどろどろとしたものを感じます。暗く黒いなにかが心に溜まります。


救われない人が多すぎるのです。


とても酷い最期を迎えることになった女性たち。彼女たちが蚊帳の外にいるような気がしてなりません。。あえてそうしているのかもしれませんが、

「で? で、あの人たちは?」

現実でいえば悲しい最期をとげた女性たちは限りなく存在します。
ですから描くことに否定はしません。でも救われない。読んでるこちらも救われない。


ぎりぎりで両親の愛を確かめることができたように描かれている少女も決して救われない。
幼い頃に刷り込まれた、自分が虐げられた傷や男たちから与えられた恐怖はこの先決してぬぐいさられることはありません。
表にださずとも、両親は「あのときみんなを困らせた面倒くさい娘」を事あることに思い出すことでしょう。
少し悪い子になっただけでも。
妹は「あのときおかあさんたちをこまらせたおねえちゃん。ナンナノ?ナニサマナノ?」
という思いを抱きます。
これで家族がひとつになるだろう、なんてことを思う方もおいででしょうけれど
それまでの両親の態度や教育の仕方、ことばの選び方などを考えますと無理だなって感じます。

亡くなった女性たちもそのまま。


彼女たちの立場になり、どんよりとした気分になってしまった読者はそのまま放置でお話が終わってゆく……
「模倣犯」やそのあとの「狐宿の人」といい
被害者が誰一人救われない。

死んじゃったら終わりだから、救われるもなにもないんだけれど


フィクションの小説ゆえに読者には救いを与えてほしかったのです。



ちょっと違うかな、初期の作品ではそう感じませんでしたから
死者を他人扱いしているのがひっかかったのかな。

読者をつきとばしておいて、「え?」と思っている間にお話が終わったような。






そんなどんより気分。
感動も読了達成感もなにもなく、ただ被害者の無念と少女の決して明るくない未来が心を翳らせる。



ほんとにどんよりしちゃったので今夜はこの辺で。




佐藤でした。





「男ってどうしようもないわ」と言った例の女性はこの作品を読んでも
「男ってほんと、もう……」といいそうな気がする。

スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

寒いですねぇ

寒いですね。

こんばんは佐藤です。
逆転裁判では御剣さんと冥ちゃんが好きです。


年末の予定が決まっているような決まっていないようなそんな状態です。
前回は絵師Aが参加いたしましたが、今回はおそらく絵師Bが東京へ向かうのではないかと思われます。
コミケ、うかると思ってなかったのでオヤオヤァ~です。


気分は来年。
来年いろんなことしたいなあ。やっと気力が少し戻ってきたような気がします。
長いこと不義理してしまった方が本当に多くて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
キリがついていろんな面で落ち着いたら……そう思ってたら何年も何年もたっていました。
持ち直してはナニカでぎゃふん続きで、今はどうかといわれたら少々マシになった程度ですが、


いろいろたくさん捨てて

諦観ってこういうことかなあって思ったり


人生たたみはじめたり




ああ、たたむっていうのはその通りなんですが
小さいときから化けて出るのだけはよそうと思っていて(笑)
死ぬときには「ああ、あれやるの忘れてた~」と言うのがいやで
今からなら色々とソコソコのレベルまで達することができるだろうと


そろばんとかその他習い事みたいなのとか勉強とかそういうのをはじめてるというだけです。



なんという前向き思考。


格好いいだろー。





まずは冬コミめざしてコツコツです。
がんばります。


 佐藤でした。


テーマ : 同人ゲーム
ジャンル : ゲーム

Tag:制作日記  Trackback:0 comment:0 

コミティアに行って来た話

忘れた頃にこんばんは佐藤です。
自分の名前も打ち間違えるほど寒さにうちふるえています。

さて日曜日にコミティアに行ってきました。一般参加です。
直前まで行くの悩んでおりましたんですが(交通費的な問題で)、動かなければはじまりませんしね。
夢パティの放送が始まっているのに後ろ髪を引かれながら新幹線に飛び乗りました。



ぼんやりとターンAガンダムやサガフロの同人誌あったらのぞいてみようかしら



などと思っておりましたら


「? 全部創作だよ」



だとぉ!?
今の今まで知らんかったわ!




という素人丸出しでしたですよ。
コミティア参加初めてだったんだも。



同人ソフト(ゲーム)がお目当てだったので、そのあたりをぐるぐるしていました。
何周でもできます。
サークル数少なすぎて(笑)、おぼえてしまいそうなくらいです。

エロ系が少なくてとてもほっとしました。あといわゆる腐女子がとびつきそうな絵柄のものも大層少なかったです。僕BLっぽい絵とエロ絵を決して得意としていませんから、そういうとこもいいなあって思いました。
コミティアは健全を目指しているのかな?
品のない18禁はほとんどなかったんじゃないでしょうか。
エロ研究書はあったけど(友達が買ってた)。安心感あふれますねぇ。
コミケ同人ゲームスペースはものすごいですからね……




なんだかかわいい女の子が出てくるようなのを中心にいろいろ買って見ました。ついったでフォローさせていただいている方のも。
僕はこんな状態でこんな自分でこんななので正直アレなもんでちょっとアレですけれど、一言ポロッってこぼしたら「あれアンタかー!!」ってバレるよなあ。そのTL(ついったのログみたいなやつ)、僕だ……って記述があったんだ。ハハハ。
カタログを頭にのせてスキップしてた奴だなんていえないよ。変態だと思われたくないからねッ


カタログって頭にのせたくなるよね……?






来年に向けていろいろ案が頭をもたげはじめました。
ひょっとして二次創作な同人誌も作るかもしれません。ネタが浮かびすぎて困ります。





ではまた。


これからはマメにブログ更新して以降と思います。


コンゴトモドウゾヨロシク……



 佐藤でした。



テーマ : 同人ゲーム
ジャンル : ゲーム

Tag:制作日記  Trackback:0 comment:0 

ラジアントヒストリアプレイ日記

こんばんは 佐藤です。

腹が出てきたので1日1食程度にして運動量増やしたらますます出てきました。
世界はミラクルにあふれています。


さて遅ればせながら「ラジアントヒストリア」買ってまいりました。
そろそろ攻略参考サイトさんもできている頃でしょうか。
僕は攻略本だけでは攻略できないので、いつもいろんなサイトさんのやり方を参考にさせてもらってます。ありがとうございます。


そうそう、ジョーシンで買ったんですが発売前からイチオシだったみたいで(ポスターとかいろいろ掲示されてた)発売後も一番場所とってたよ。
予約はしてなかったけど初回特典CDもいただきました。
ありがとうございます。


さて電源ONです。
はじまります。

とても地味なOPです。
デルトラクエストのOPの美しさとか←OPだけはすばらしかった! 大神伝の思い出OPとはちがい、シンプルOPですぐ本編です。こういうのもいいかもね。

第1章「ストック」
スポック? ていうか在庫? 第1章「在庫」?
という突っ込みは横においといて、ガンガンAボタンをおしていきます。

なんていうか全体的に……すっごくザクザク進むことが出来ます。
ここで場面転換かな?間をおくのかな?と思ってしまうようなところでも、Aボタンを押すだけですいすい進みます。
場所移動も一瞬です。すごいや。ストレスレスだ(笑)。
ローラースケートで道を進むごとくお話すすみます。
こんなDSゲームもあるんですねえ。


砂漠化はげしいある場所での緑地争奪戦にまつわるお話のようです。
主人公のストック君が怪しげな白い本を持っていろいろやっちまうぜ!といった体です。
まずは町を出て、自国のスパイと合流をめざすことになります。
ストック君は優秀なので、どんなお偉い方の部屋もフリーパスでどんどん入ることができます。
……だめじゃん。
でも一応チェックできるとこ、入れそうな場所はどこにでも行くよ!基本だもん!


一つ笑っちゃったのは

ストック君が町を出る前に親友?みたいな男に出会うんですね。恰幅のよい軍人で、戦傷で片腕が義手になっています。なかなか口調が渋いです。いい男みたいです。
しかし去って行くときのグラフィックが……どうみてもマツコ・デラックス……





それからどなたかがおっしゃってられた「足音のSE何ぞ」って本当にどうしちゃったのって効果音です。
ただ歩いてるだけなのに全力疾走のバタバタ音。
なんでこんなことになってるんだろう。伏線か何かでしょうか。ストック君、実は全身サイボーグ化してて、重みで足音すごいとかそういうことでしょうか。謎です。



そんなこんなでぼちぼち始めました。

気が向いたらまたプレイ日記しますね。
1日10分とか20分くらいしかしてないので、いつ終わるか見当もつきませんですよ。
冬コミ準備もございますしねぇ……



佐藤でした。


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

「大神伝」プレイ観察日記

こんばんは佐藤です。

「大神伝」をちびっこに貸し出しました。
その様子を観察です。


ジャケットをみて「カワイイ!!!」と不自然にカワイイ声を出しやがります。
すごく無理がある声です。トーンあがってます。
カワイイカワイイって、……キモイと思うんだが…
まあいい。



チビに乗ってるのが子供だってのでまず驚いていたですねえ。
子供が主人公?といった風。今の今までやっていたMOTHER2だって子供たちによる冒険じゃないか。
しっかりしろ、君。



本編がはじまり、まずは前作のあらすじから軽いチュートリアルです。
スキップ可なので、ひたすらスキップさせろと文句をいいやがります。
こどもにあれは相当退屈らしいです。
スキップを押そうとする指と戦うのに必死でした。


なんというか……
そもそも貸し出し先の子は

「敵と戦うのをいやがる」
「人と話すのがめんどくさい(ゲーム中の会話)」
「サブイベントガン無視」
「とりあえず文は読まない」
「ボス戦はだれかがかわりにやってくれたらいいなあ」
「道がわからぬ、地図(回答)をみせろ」

普通はプレイヤーがゲームに難癖つけますが
こればっかりは開発が彼に文句を言っていいと思うという案件。


先は長そうですなあ……


また観察する機会があって、妙なことしはじめたらここに書いてみようと思いますよ。


佐藤でした。


テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

上村松園展いってきた

つづきまして佐藤です。

「上村松園展」に行ってきました。
近代美術館です。


開場前に行きましたが、やはりというか行列でした。
面倒だからと前売り買ってなかったので、まずはチケット売り場の行列に並ぶ。
込んでるといっても狩野永徳展のとんでもない混雑ぶりにくらべたらかわいいものです。


上村松園といえば女性像。
息子さん、お孫さんは花鳥図で超カワイイ鳥や動物たちをお描きになっておられますが、松園といえば美人像です。
中学時代に国語の便覧でみたのが最初だなあ(「雪月花」の雪)。


大きく3つにわけて展示されており、10代20代~30代前半・40代~・60代~かな。
この3つで全然違うのですよ。

まず17歳時の作品でどぎもを抜かれ、愛らしさ純粋さできらめいてる絵の中の女性に見せられ
中盤、画面が落ち着き
晩年、貫禄と古典回帰とシンプルイズベストみたいになってきたのを

見ることができます。


「序の舞」もあるでよ。


個人的には若い頃の作品が好きですね。
かわいらしいんです。本当に女性が美しくて愛らしくて
いいにおいがするって感じです。

微妙な色を絹の上に再現し、筆の動きは決して早くなくて丁寧なのにまったくぶれがなく、
1本1本が丁寧でもうね、マジ「技」ですよ。「技」
これで10代ってなんだよ。
もしこの時代にいたら潰すかものすごく応援するかどっちかだよ。



CGだったら重ねて透明度変えればいいけれど、当時そんなんないし。
すべてアナログだし。


これを外国の人がみたら日本に憧れの気持ちを抱くのも無理はないです。
この世のものとはおもえないほど美しい日本の女性に。



そして画面構成がごちゃごちゃしてないんですね。
空間がある。
ともすれば不安になるくらいに。

引き算に引き算で、枝葉がまったくない画面だから飽かずながめることができる。



松園の魅力。




図録は2300円。再現度が結構いいので、画集としてお買い求めになってもよろしいかと思います。
結構画集って元絵のイメージこわしてしまうものが多いですが、今回発売されている図録はうまくできていると思います。
上村淳之氏のインタビューも収録されています。


「上村松園」展、関西近郊にお住まいの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。



佐藤でした。


テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

「ガンダム00」映画版見に行った話2回目

こんばんは。佐藤です。


前回、テレビ版を見ることなくふらっとみた「ガンダム00」映画版。
あまりのスタートレックぶりにびっくりした、なんてことを書いていましたがリピートしてみました。


テレビシリーズみてからと思っていたのに、結局最初の2話しか見てないという有様で大丈夫か


でしたがまさに「大丈夫、問題ない」



ちなみに、ちょっといわゆるハードSFかスタートレックに恋をしたことがあれば前情報全くなしで見ても
「大丈夫、問題ない」です。




しかし2話だけでも見てるとキャラクターの区別がつきますね!
これが主人公でユーモアのないヒイロみたいなので、これがまあデュオみたいなので
ティンカーベルは男で、ポニーテールは花房君みたいなもんで
大統領だか首相は魂の抜けたジェインウェイ艦長みたいなもんで……

名前は覚えることができませんでしたが、リアル知り合いの名前も覚えられないくらいなのでへっちゃらです!



ガンダムの機体も、誰がどれにのっているのかようやく点と線がつながったのでみやすかったです。



なによりも途中でトイレに立たなかった!
(前回、最初のほうで行きたくなって必死にがまんして途中抜けたんだ……)
おちついてみたら、画面きっちり追うことができました。ガンダムの動き把握!



機体がすっごくすっごく動くのと
出てくるお姉ちゃんの胸のラインがどれもこれもドストライクで、胸ばっかりみてたよ。変態だよ……



初見時、「ノウリョシハ」を脳梁だと思っていました。バークレーよろしく脳梁がぶっとくてIQがとんでもなくなってることを言うのかと。脳梁の子波か思波かと。
脳量子波らしいです。
知るか。


知らなくてもなんとなくわかるからいいんです。




ガンダムが大画面で動いているところをみることができれば満足です。
実際おもしろかったからブルーレイ購入してしまうかもしれません。
新しいPCはブルーレイ対応だから見れるんだい。




なんかとりとめなくてごめんね。
「ガンダム00」映画おもしろかったよってことでお願い。



ではまた。


佐藤でした。  


テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:がんだむ  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。