スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

64bitと「たったひとつの冴えたやり方」

こんばんは佐藤です。


いまどきのAdobeソフトは64bit対応で32bitは相手にしてくれないようです。
というわけで新しいデスクトップなPCを注文しました。

Win7になっちゃうんですよね。
これまたインターフェイスが使いづらいOSですね。


君はMacを目指しているのかい?


と尋ねたくなるような画面。タイトルバーが半透明とかアイコンがグラデ3D仕様とかいりません。
シンプルであればいいのです。win95くらいの、今思えば無骨とも思えるシンプル仕様で十分です。むしろその方がパッと見で認識しやすいと思うんだけどな。



でも見た目華やかでないと売れないだろうから仕方ないんだろな。もうチャラチャラしてこの子は!なんていいながらそれなりにカスタマイズするか慣れていこうと思います。


そういえば新しいPCをお迎えしようと思ってから半年くらいたっているような気がします。
高価な買い物には相当な度胸が必要なのです。必死です。はい。


スペックは今より随分随分随分アップするので、画像処理のスピードに期待です。






さてさて、最初の何ページか読んで(行方不明?になってる二人の男の後を追うぜ!のあたり)1,2年風呂場に放置していたのが「たったひとつの~」でございまして。

ちゃんと読んでみますとなんでしょう、この微妙な心のくすぐられ方。
訳してる人は新井素子を意識しているのでしょうか。
2,30年くらい文章が古い……


1人称が「あたし」だったり、なんか言い回しが女の子が使う言葉遣いじゃなくって不自然なんです。
うーん、無理に少女っぽくしてるような感じでしょうか。普通に訳してもらっていいのにどうしたんだろう。この本が発行されたときにはこれがトレンドだったんでしょう。

という時代を感じさせられました。実に興味深いです。


1日数ページずつですが、しっかり読んでいきたいと思ってます。あ、楽しんで読んでますよ。



ゲームは「逆転検事」をこれまた少しずつやってます。
小さなドット絵になると御剣さんの髪がグレーなので、急におじいちゃんになった!と驚いたりしてました。
御剣さんと冥ちゃんはずっと仲良しでいて欲しいです。



冥ちゃんカワユス





佐藤でした。
スポンサーサイト
テーマ : 同人ゲーム
ジャンル : ゲーム

Tag:制作日記  Trackback:0 comment:0 

どくしょかんそうぶん(SF名作選)

こんばんは 佐藤です。


ぼちぼち色んな小説を読んでいます。

「牡丹灯篭」(噺家さんの)はこわすぎて途中で止まってます。夜に読むもんじゃないです。
かといって昼に読めばいいってもんじゃないです。こわいです、マジで。



最近読んだSFはハインライン2冊。「月は無慈悲な~」と「ルナ・ゲートの彼方」です。

文庫本の裏の紹介文で興味津々読んでみました。
「月は無慈悲な~」感想はどっかに書いたのでおいといて


ルナ・ゲートは読み終えたばかり。

どこでもドアの先は見知らぬ惑星。
そこでサバイバル試験です。生き残ったら合格。
しかしドアが壊れたのか、日数からいえばとうに試験終了のはずなのにお迎えがこないぞサァ大変って話です。


「うーん??」って検索したら、ジュブナイル傑作だそうです。
どんでん返しにびっくりだそうです。



多分ね、書かれた時代を頭にいれておくと
なるほど当時の読者は衝撃をうけたろうと思うのですが


21世紀の今となっては若者を惹きつけるのは難しそうです。

特にどんでん返しもなく淡々と始まって盛り上がることもなく淡々と終わって行きましたよ……
まあこうなるでしょうねって展開で。




途中、おおぅ!謎の文明と出会ってここからめくるめく冒険と意表をついた展開が!?と思わせておいて



スルー……



ある意味意表をつかれましたが(苦笑)







主人公含めてジェリドみたいな子がいっぱい出てきていろいろやろうとするんだけど、まあジェリドだからこうだよね。
ちょっとイライラしちゃうね。
ライラさんが見てたらどんな顔するか容易に想像できます。




情報とさまざまなゲーム、娯楽、奇をてらった展開にまみれてしまった現代の少年少女たちにどれだけ受け入れられるかは正直疑問です。
これはこれで20世紀の大切なSF文化としてしまっておいて、21世紀は今世紀のSFが生まれるでしょう。それに期待したいなと思います。



なんだろう、このジェネレーションギャップ……
肌にあわなかっただけかな…。


でもまだまだ名作SFにチャレンジしていきますよ、僕は。

というわけで、数年放置していた「たったひとつの冴えたやり方」読み始めました。




ではまた。

佐藤でした。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

「ガフールの伝説」2Dを見た話

こんばんは佐藤です。

フクロウモッフモフ映画「ガフールの伝説」を見に行ってきました。
今回は2Dです。コレ、つーでぃーって読むんですね。にーでぃーって読んでました。


3Dでは見逃していたいろんなものをちゃんと見たいと思ったんです。

それに出てくるフクロウがみんなかわいらしくて、大画面みてしっかり心に録画しておきたかったんです。


うん、2D がおすすめです。細部までしっかり確認できます。
3D の技術ってまだまだこれからなんだろうな。きっとね、もう何年か何十年かたったら見やすくなると思うのですが……


映画って画面ひきのばしのためか、スクリーンの性質のせいなのか、結構カクカクして見えるじゃないですか。
残像っていうかつなぎがあやふやっていうか、ドットが荒いっていえばいいのか、ぽけーって見てるとそうでもないのですが、集中してると動きのアバウトさがキャーってなるでしょう。
3Dは中途半端に立体なので、ぼかす←→細部までクッキリの度合いとあいまって脳内補完しつつ見るのは大変だったのです。2Dが好きですぅ。



というわけで、見るのが楽な細部までくっきり2Dおすすめ。
ソーレンもっふもふ。
エグランタインかわいすぎ。
オツリッサの小生意気な態度かわいすぎ。
王と王妃気高すぎ。
兄ちゃんダメすぎ(笑)

改めてみても兄ちゃんのダメっぷりが笑える……



そういえばユニクロの薄ちーさいPS2みたいなダウンジャケットのCMにメンフクロウ出てますね。
あれ、超きれいなフクロウですね。お顔かわいいし。
ユニクロのあのCMはじまったら釘付けになっちゃうです。
時代はフクロウっすね。

ユーハイムでフクロウのケーキ売ってたんでついつい買っちゃったりとか、僕もフクロウに夢中ですよ。



ガフールの宣伝動画↓
アメリカでは今週の映画ランキングで4位だったようです。パート2が作られるといいな。




金の兜に戦闘爪つけたシロフクロウがガフールの王、ボロン。
奥さん(お后様)も勇敢で優美なシロフクロウです。


ではまた。

佐藤でした。


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

ガフール補足と「大神伝」2周目

おはようございます 佐藤です。

今日は節々と関節が妙に痛いので(風邪じゃないよ)早めに用事をすませて帰ってこようと思います。



「ガフールの伝説」見た話補足

ソーレンたちメンフクロウは、大人の事情で目の色が違います。
本当は黒1色で(白い体に真っ黒の目でディガーが初めて彼とあったとき「オバケ!」って気絶したエピソードがあります)独特の風貌ですが、金色地に黒目だけ黒です。

あと首をぐるぐるまわしたりってのがほぼありません。
ディガーが首をかしげたとき角度が変なくらいです(人にたとえればね)。

という風にフクロウ表現がまろやかになっているので怖くないよ!見てね!
王様マジカコヨス



「大神伝」2周目

貸し出す前にできるとこまでやってしまおうと2周目まわってます。
やっと……やっとチビをややまっすぐ走らせることができるようになりました。

「大神」のときはカイポクレースクリアできた段階でようやくアマたんをちゃんと操作できるようになりました。


僕のゲーム実力ってそんなもんです。


だからこそ「大神伝」を素直に楽しめたんだと思います。


批判的な方のご意見を拝見したら、たしかにそうなんだけど僕は全く気にならなかった。上手だからこそ気になるんだと思う。
下手でよかった。


たとえば移動方法で、多少不便があったとしてもまっすぐ走らせたり方向転換にてこずっているプレイヤーからすると瑣末事です(笑) それどころではありませんから。
下手が功を奏することがあるんです。ウフフ。


それよりもっと大変なことがありましたもの。
バグ(フリーズ含め)3回。筆しらべ認識不可数え切れない。
データいっぱいいっぱいだったのかなあ。初代DSでやっているからかもしれません。
しまいにはカードの認識しなくなってしまいました。

他のソフトだと大丈夫です。

製作側の精一杯だったのかなあって思いました。もっといろいろ入れたかったけれど、削れる部分は削って、でも形にしないといけなくし前作のファンの気持ちを蔑ろにするわけにもいかないしって。
そして初代DSがパニックになると。
多少なりとも何かを作る側にいますと、ついそういうこと考えてしまいますね。


あ、そうだ。「大神伝」にご不満を持っている方はDS「デルトラ」をやってみるといいよ!
「大神伝」の出来のよさを痛感できると思う(笑)。



うひゃひゃひゃひゃ
(DSデルトラのOPと最終章は好きです)


しかし犬嫌いな僕をこんなに萌えさせるとは……
(↑しつけのいきとどいた犬とその飼い主は好き。あと野生のイヌ科動物は好き)



ではまた。

佐藤でした。



テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

忘れないうちに「大神伝」クリアした話

こんばんは 佐藤です。

「大神伝」クリアしました。
ラスボス、戦い方わからなくてひたすら一閃頼りにがんばりました。
大変でした(そりゃそうだ)。


がんばってたらいくつものサブイベントをこなさないままEDになってしまいました。

そんな終わり方。



覚書といたしましては

「一閃」 直線を描いても時々「U」になるが気にスンナ。もう一度がんばろう。

「輝玉」 描いても全く反応しないこと多数。丸に棒ですが、円の中心よりも深く棒を描くと成功率高いようです。ちょっとだけ円にかかるくらいの短さでもおk。長いとほぼだめ。

強制筆しらべポイント(スサノオやイザナギのとき)、墨が空っぽになっても大丈夫。勝手に補充してくれます。最小限だけどね。


そんなとこかなあ。
あとは攻略サイトなどをみればわかると思います。






ゲーム作品といたしましては「大神」より「大神伝」の方が好きかもしれない……と思ったです。異端かもしれないです。


「大神伝」に批判的な方もいらっしゃるみたいですが、DSという限られたシステムの中でよくぞここまで再現したと本当に感心しました。チビテラスや子供たちの動き、どれだけこだわって作られたんだろうって。すごいなーって。
アマテラスはヤクザなおっさんみたいな顔で、アフガンファウンドみたいな小顔に足長で「アレレ?」ってなったりもしましたが。

まあいいんじゃないかな。
クローバーはもうないんだから。完全再現は無理だよね。細かいデータが残ってないとか読んだことあるし(製作に必要なシステムデータ)。


お話もよかったと思います。
小さい子がプレイするにもわかりやすく、多少の超展開もアリと思うんですよ。
「バビル2世」や「キャシャーン」の第1話の超展開なんて、こんなもんじゃなかった(笑)。




敵がどんなに大きくて強くても果敢に立ち向かっていくチビテラスにちょくちょく涙したり、「クロウーッ!」ってなったりしてました。
「大神」では泣きもせず淡々とプレイしておりましたが(細かいところすごいなあ、と感心ばかりしてウルッとはしなかった。ラスボスがカプルで、「なぜカプルですか」「カプルは悪い子じゃないのにウワアアアン」とか見当ちがいのこと考えてたりしてたからかもしれない)、こちらでは素直になれた。



子供目線でプレイしたからだろうなあ。

そういうのってあるよね。




まあチビテラスのポリゴンといいますか、ゲーム画面はこんなにかわいいのになんでイラストになるとこんなにキモチ悪くなるのかが謎。買うまでに多少なりとも躊躇したのはチビのイラストのせいだなあ。
プレイしててもたまに出てくるので必死で目をそらし、パッケージもみないようにして(笑)それでも見える場合は上にモノを置いたりしてた。生理的にだめ。ごめんなさい。動物不慣れな方にありがちな人間描くみたいに描かれたやつ。僕は日本画の動植物や、博物画の動物が好みなんです。あ、童話挿絵のデフォルメされたのも好きですよ。


「大神」でザクザクと描いていた方は関わっておられなかったのかなあ。
コピックでザクザクしましたって感じの絵。
あれ壁紙にしてたんだよね。もう逝ってしまったPC……

そこだけ残念かな。


そうそう。DSゲームだと大抵音を消してプレイしますが、「大神伝」は音必須じゃないのにずっとonでした。
音楽秀逸だよねー。いいよねー。


今度、よく遊びに来る子供に貸し出すのでプレイしてる様子をじっくり観察してみようと思います。
きっと大喜びで食いつくゼィ。


ではまた。
佐藤でした。



テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

「ガフールの伝説」みてきた話

こんばんは 佐藤です。

「ガフールの伝説」をみてきました。※原作は「ガフールの勇者たち」


昼間は3D吹き替えのみという残念形態。
英語のセリフと字幕スーパーを比較しながらみるのが好きなので(英語は得意じゃないですが、わからないところは字幕補完。字幕の言葉足らずの部分は英語で補完)少々気が進まないのですが仕方ないです。
見ます。3D初体験です。

3Dって思ってよりずっとつまらないものだと知りました。
子供向けの立体絵本程度の3Dって……ホロデッキを期待してたオイラ、アホやん……



さて本編ですが端折り方ハンパないです。
ターンAガンダム「地球光」くらいのスピードで進みます。
そして設定がいろいろ変わってます。

映画だからそんなの許容範囲です。全然おKです。

フクロウたちのモッフモッフぶりがたまりません。
エグランタインのかわいらしさとか、風切羽の美しさや胸の羽毛の描き方が本当に美しいです。
ばさっと羽を広げたフクロウの荘厳さとかね、もうね。鳥好きにはたまりませんね。


<本編>
お兄ちゃんの人として(フクロウだが)の情けなさっぷりが見事。
ハマーン様(純血団のトップの妻)の妙な色気もすごいねえ。榊原良子さんの声、とても澄んでました。聞きほれます。主人公とジルフィー以外の声優さん、豪華絢爛でしたよー。
エジルリブの波平さんとか。


おどろいたのはトワイライトは樫野(夢パティ)っぽいイメージだったのに声が……声が阿笠博士だった。
少年じゃなかったのか!?少年少女の4人旅じゃなかったのかッ
なんでおっさんなんだ。
初老って設定どっかにあったっけ、読み落としたかな。一人で一生懸命生き延びてきた孤児のイメージだったんだが。

そんなこんなではございますが、お話も無難におもしろかったです。
原作読んでいないと登場人物の多さについていけないかもってのはありますが、勢いでみせる部分はありますね。
「300」を作った方の製作だけあります。
ガフールの王と王妃の誇り高く厳かで且つ気品あふれる表現もよかったです。
両陛下のかっこよさは思わずお仕えしたくなるほどです。


戦闘爪でフル装備の陛下のかっこよさは、ごらんになった方の書き込みをみても一律「カコヨス!」です。みんな感じることは同じですね。
初登場時からえらい格好いいんですよ。





宣伝方法を多分間違えてしまったこともあってお客さんが少ないそうです「ガフール」
でも僕が行ったとき、子供さんをつれてきたおとうさんらしき人が「寝るつもりできたんだけれど、だだハマリして見てしもた!」ってお知り合いに電話をしていたくらいですから、原作しらなくても相当楽しめると思います。

見に行こうぜー。

クライマックスの戦闘シーン、すばらしいぜー。


そして原作も読んでみようぜー。超おもしろいと思う。
ワクワクすっぞ。



ではまたね。

佐藤でした。


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

Tag:ノベル  Trackback:0 comment:0 

「大神伝」かぶき劇場(芝居小屋)

こんばんは 佐藤です。

「大神伝」歌舞伎ステージ、ようやく終了できたので忘れないうちに。


ああ、僕は「大神」ゲーム上のグラフィックは苦手ですが資料集のは大丈夫で
画集や攻略本なんかは持っています。

「大神」は予約して買いましたし、廉価版も持ってますし
Wii版も予約しました。そのためだけにWii買いました。
ヌンチャクが必要ですって書いてあったので買ったら本体についていたというポカもしました。

こんなポカする奴です、そうそう中ボスクリアできるわけがありません。



攻略サイトさんに詳しく書いてはあるのですが、それでも出来ないから悩んだり挫折したりするんですよう。
オイラレベルになるとね。


だから書いておきます。


ゲーム初心者でもわかるように!
まずは攻略サイトさんを見てね。
その上でできなかったら以下を参考にしてください。


大量の墨が必要です。1個で瓢箪5個分になるアレは10個ほど買っておきましょう。
回復アイテムもいろいろ用意してください。
長丁場です。ほんっと長かった。
やり直しふくめて数時間かかりました。


敵は千両、および万両。

近場の炎で攻撃です。とにかく攻撃。手が出てきたら逃げる。ジャンプとかで逃げる。
手に輝玉攻撃(花火)できそうな印がありますが、まあ無理。
ひたすら火で攻撃。
そうすると役者はグレーになって手をつきます。
攻撃し放題!と思いきや、グレーの時はいくら攻撃しても無駄。
ぼーっと待ってるほうが楽です。

ひたすら炎で攻撃していると、そのうちカグラがさらわれます。肩の上に乗せられます。
役者が手をついた瞬間に腕を上って方まで行こうとしますが無駄です。
こいつ、グレーのときはいくらがんばっても上れなくなってます。


攻撃どんどんしていくと「花火使え」見たいなのが出ますがタイミング難しいからスルーでいいかも。
このあたりでそろそろイヤになってくるのですが、くじけず攻撃していくと役者はフルカラーのままで手をつきます。そうなると腕を上ってカグラを助け出せます。
ちなみに彼女、気絶している間はコノハナで「結」ができないのでフルカラーのまま奴が手をつくのをまたねばなりません。

さらにカグラを背中にのせている間は奴の弱点である「点を結ぶ攻撃」ができません。
墨の無駄遣いのなってしまうので、いくら光ってもほっときましょう。

カグラを乗せていても、その光点が出ていなければ漢壁イベントみたいに記憶で点を結んでも反応しません。

待たなきゃいけないんですよねー。


肩まで上ってそこで攻撃!っていっても下見たら全然HP減ってないのでこれまた無駄かもしれません…


でも手を攻撃したら減ってる……よくわかんないです。



以上をコツコツと、すごい量の墨を使えば数十分でクリアできると思います。



途中、いじらしいチビテラスに涙しながら進んでください。


くっそー、かわいすぎるぜこいつら。








そしてカグラ話が終わったら、いよいよ彼が出てきます。


思えば初日、彼が出てくるまでがんばろうと思ってたんだよな……
とても無理だったね。





じゃまた!これから「逆転裁判3」第4話プレイするッス!

佐藤でした。

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Tag:ゲーム  Trackback:0 comment:0 

「大神伝」微妙プレイ日記ネタバレあり 攻略っぽいもの含む。

こんばんは 佐藤です。

「逆転裁判3」をプレイしつつ、「大神伝」もプレイしています。


「大神」では

ジャンプすらろくにできない
グラフィックが苦手


で予約購入したはいいが、ちょっとやって1年は放置していたという過去があるのですが
めげずにやってます。

僕、上村3代とかウフフフって感じの時の狩野永徳、円山派などが好きでして
前衛かッって狩野派や固めの筆でザクザク描いたのとか、唐や清の影響を多大に受けている線が苦手なのです。
体につきささってくるというか。
で、挫折してたという(笑)
あと天照大神を犬って、狼って!
スサノオノミコトやクシナダヒメで遊ぶなんて!

なんて昔の日本人みたいなところがあったりするもんで。
(メガテンも同じ理由で多少ちょっと心が拒否してるところがあるっちゃーあります。やってるけど)

ほんとにどこかから誰かからこの会社おこられるんじゃないかと思ってました。



動物の動きやお話は好きなんです。ウシワカ大好き。


まあそんなこんなでございますがやってます。



公式見たときはそうでもありませんが、実際プレイしてみたら
チビっちゃいキャラクターがこの上なくかわいい。
臆病だけど一生懸命なクニヌシとか(ゴマ粒みたいな小さなグラでブルブル震えてる)
表情豊かなチビテラスとか。

チビテラスの動きは子犬よりも白熊のピースを参考にしたんじゃないかって思うくらい似てます。
クマって呼ばれてるし。


お話は序盤でなんとなくネタバレと申しますか、ああそういうことね~ってのが
わかっちゃいますが
夢中になってたら多分気づかないと思うからいいかー。



「大神」プレイ済みだと比較的理解が早いです。
地図が頭に入ってるし、土地の名前も把握してますのでらくちんです。
いろいろ前作をうまく踏襲しているように思います。


こ……ここまできたらセーブポイントがあるはず、とか。



さて

ではここから僕なりのプレイポイントを書いて行こうと思います。
下手だからこそ気づけるような、なさけないポイントです。


「画龍」
この筆しらべを最初に得ることができます。
龍をかたどった星座をなぞるのです。

これ、数回失敗しました。
前作みたいにぬりつぶすのか!?と思ってやってもみましたがうまくいきません。

画龍は、なぞるべき線を若干内側に力を入れると成功するようです。
輪郭の外側に気を遣っていてはいけません。
気持ち、内側。内側にはみ出す分には許容される具合が高いように思います。
外側にはみだすとアウト率高いです。


「桜花」
前作の桜花になれているとかなりの速さで書いてしまいます。
速すぎるとだめみたいです。一応○は描けていますが、判定アウトになることがママあります。
その場合は1秒くらいかけて書くとおkになることが多いです。


「大蟇」
ジャンプして落ちている最中、へそを一閃。
へそが貝で守られてたら桜花で開かせた次の瞬間、すぐ筆しらべ体勢にもどって一閃。


「鬼婆」
ボタンの上にクニヌシ放置。
鬼婆の後から攻撃。なにかの弾みでうまくクニヌシと挟み撃ち、前後でガンガン攻撃できることがあります。


「大ナマズ」
自称鯉。
故意の瀧登りを目指す夢見るナマズです。
登竜門です。登竜門とスサノオノミコトは関係あるのでしょうか。うちには鯉山・登竜門のてぬぐいが何本かあります。

ナマズの舌とコノハナを結んで中吊りにし、フルボッコ基本です。
ナナミちゃんを泳がせている間にナマズ、体当たり食らわせてきます。ナナミちゃん、死にます。
そうするとゲームオーバーです。

なんとかナナミちゃんを岸に上げ、上げた瞬間チビテラスと結びます。
ナナミちゃんやクニヌシ、Xボタンでおろしてもチビテラスの背中に乗せたら回復します。


今のとこ、そんな感じでやってます。
戦闘は前作より楽だと思います。連打でなんとかなるから。
(ならずに落陽←ゲームオーバーすること多々ありますが)

その割に前作では1度しかゲームオーバーしなかったのに今回多いなあ……



ではまた!

大神グッズ作ってるので、そのうちアップしますね。


佐藤でした。




テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

Tag:ゲーム  Trackback:1 comment:0 

プロフィール

sugar

Author:sugar
sugar(佐藤)です。最近お絵かきに目覚めました字書きです。ピクシブ始めました。http://pixiv.me/khronos442_satoh

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。